中部を拠点としたイメージング創薬研究会 - 公益財団法人 科学技術交流財団
HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 中部を拠点としたイメージング創薬研究会

中部を拠点としたイメージング創薬研究会

名古屋大学 大学院医学系研究科・脳神経先端医療開発学 准教授  夏目 敦至 氏

近年、創薬/ 開発においてはイメージング技術の必要性&重大性が認知され、その臨床活用が今後期待される。本研究会は、近年、社会的なニーズの高い中枢神経系疾患の創薬開発にイメージング技術を融合することにより、イメージングバイオマーカーの創出、疾患対応型PET診断薬の開発を行う。本研究会のゴールは、中部圏におけるイメージング創薬/ 開発体制を確立し、アカデミアから企業へ橋渡しの環境を整備し、有機的な産学連携を実現し、治療、医療にアウトプットすることである。



事務局専用