HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 次世代デバイスのための高度化化学プロセッシング研究会

次世代デバイスのための高度化化学プロセッシング研究会

名古屋工業大学大学院 工学研究科 物質工学専攻 准教授  岩田 修一 氏

混合、脱泡、塗布、成形等、各種材料プロセッシングは、化学的な機能性を発現するために必要不可欠な製造技術である。新たなデバイスの性能向上には、小型化、薄膜化、塗布材料の溶媒量の削減化、形状の複雑化が求められることから、プロセス技術にはより一層の高度化が求められる。本研究会では、化学に関連したプロセッシングの高度化を支える新技術について、総合的な視点に立って検討する。



事務局専用