HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > スパコンを利用する“ものづくり”シミュレーション技術の開発と産官学ネットワーク形成

スパコンを利用する“ものづくり”シミュレーション技術の開発と産官学ネットワーク形成

名古屋工業大学大学院 工学研究科 創成シミュレーション工学専攻 教授  尾形 修司 氏

現在,Computer-Aided-Engineering (CAE)は一部の大手企業の,特定分野に限られている.日本では二年前に世界最高速スパコンが開発され,新しいシミュレーション技術も多数提案されつつある.CAE普及の好機である.いま必要なのは,ソフト開発側(大学)と利用側(企業)との間での,シーズとニーズの擦り合わせである.本研究会には,愛知県中心にCAE関係者が多数参加し,大学等でのスパコン利用“ものづくりシ”ミュレーション技術の開発,大手・中堅企業でのスパコン利用CAEを促進する.



事務局専用