HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 運転寿命延伸を目指した高齢者ドライバ特性に関する研究会

運転寿命延伸を目指した高齢者ドライバ特性に関する研究会

名古屋大学未来社会創造機構 特任教授  青木 宏文 氏

我が国が直面する高齢化問題の解決に向け、健康寿命や運転寿命を延伸し、高齢者も積極的に外出して活動的な暮らしができる社会の実現が急務である。本研究会では、高齢者の生活と運転に関する身体特性および認知機能の理解を通じて、個人に最適化した運転能力を保つために必要な運転支援技術の開発および実用化に向けた課題抽出と、実現可能性の調査・検討、産官学連携協力体制の構築を行う。



事務局専用