HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > リサイクル材料である破砕瓦の有効利用に関する研究会

リサイクル材料である破砕瓦の有効利用に関する研究会

名古屋工業大学高度防災工学センター 助教  森河 由紀弘 氏

愛知県の特産品である三州瓦は江戸時代から作られており、現在は全国シェア70%の日本最大の粘土瓦ブランドとして地位を確立している。また新たに、規格外瓦を細かく砕いた破砕瓦(シャモット)がリサイクル資源として大きな関心を集めており、名古屋工業大学・愛知県陶器瓦工業組合・愛知県は共同でシャモットが液状化対策に有効であることを見出し、様々な検証を行ってきた。研究会では液状化対策をはじめとしたシャモットの有効性の更なる検証を行い、愛知県から全国に向けた製品化、普及に向けた活動を行う。



事務局専用