HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > グローバル展開を目指した発酵食品イノベーションのための研究会

グローバル展開を目指した発酵食品イノベーションのための研究会

名城大学農学部 応用生物化学科 教授  加藤 雅士 氏

愛知県は全国でも稀に見る醸造産業の集積地である。和食が世界無形文化遺産に登録され、日本酒、醤油、味噌、酢などの醸造発酵食品のグローバル化は緊急の課題である。海外での嗜好性に合わせた味や香味の日本酒の開発や、保蔵性に優れたダシ入り味噌・醤油製品の開発、海外での健康志向に合致した新たな発酵食品の開発など、醸造発酵の技術イノベーション開発に向けたニーズの掘り起こしを図る。



事務局専用