HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 次世代創薬のためのトランスレーショナルサイエンス研究会

次世代創薬のためのトランスレーショナルサイエンス研究会

名古屋大学大学院創薬科学研究科 准教授  加藤 竜司 氏

近年の創薬研究は、新薬上市の難しさや開発コストの増大という課題解決のため、大学やベンチャーに創薬シーズを求め、その基礎研究力を基にした合理的創薬に期待が集まっている。本研究会は、このような現状における創薬力の強化を目指し、次世代を担う若き世代中心に、異なる分野の最先端サイエンスとテクノロジーを学び合い、日本独自の創薬研究の着想とオープンイノベーションの着火を実現するための知的・人的交流を作る。

第1回 研究会

日時平成29年7月28日(金)  19:00~21:30
場所名古屋大学 医学部基礎研究別館 修士講義室
プログラム ◇財団挨拶(19:00~19:05)
◇座長挨拶(19:05~19:15)
   名古屋大学大学院創薬科学研究科 准教授 加藤竜司氏(座長)
◇講演会(19:15~19:45)
 「AMEDからみたトランスレーショナルサイエンス」
   国立研究開発法人日本医療研究開発機構臨床研究・治験基盤事業部 臨床研究課
                       西村幸香氏
◇技術交流会(19:45~21:15)
◇ラウンドテーブルディスカッション(21:15~21:30)