HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 先進新診断システム研究会

先進新診断システム研究会

藤田保健衛生大学大学院保健学研究科 教授  齋藤 邦明 氏

疾患を同定するための診断技術は、疾患の発症と様々な因子との関係が明らかになっている過去の研究成果をもとに臨床応用されています。しかし、疾患の発症前に介入し、発症の防止を目指す先制医療や薬効・副作用予測を可能とする新しい診断技術など個の医療のためのシステムは発展途上にあります。 本研究会は社会的ニーズが高いうつ病等の精神神経疾患に対する先制医療の実現、ならびに新しい診断技術を用いた次世代診断薬の開発等に向けて議論を行います。

第1回 研究会

日時平成29年8月19日(土)  15:30~18:15
場所科学技術交流財団研究交流センター
プログラム ◇財団挨拶: 公益財団法人科学技術交流財団

◇座長挨拶、趣旨説明: 藤田保健衛生大学大学院 保健学研究科 教授 齋藤 邦明氏

◇話題提供「精神神経疾患のバイオマーカー探索」
    藤田保健衛生大学 医療科学部 准教授 毛利 彰宏氏

◇講演「神経疾患の遺伝子治療」
    座長 藤田保健衛生大学大学院 保健学研究科 客員教授 鍋島 俊隆氏
    演者 自治医科大学 神経内科 教授 村松 慎一氏

◇交流会(ライトパーティー、名刺交換会)