HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 生物学基礎研究を産業利用につなぐ最先端の計算生命科学研究会

生物学基礎研究を産業利用につなぐ最先端の計算生命科学研究会

名古屋大学大学院創薬科学研究科 教授  廣明 秀一 氏

計算生命科学は、生体分子(タンパク質・核酸)のシミュレーション、細胞内の酵素や代謝産物のシミュレーション、バイオインフォマティクス、生体画像情報処理、などの幅広い分野を内包している。近年のスーパーコンピュータの発展や、ビッグデータ解析、更にはそれを解析しうる人工知能技術の登場により、産業利用の可能性が高まった。本研究会では、細分化した計算生命科学の各分野を横断的につなぎ、実験生物学者とも橋渡しを行うことで、産業利用の可能性を多面的に議論する。