HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > スマート材料アクチュエータ実用化研究会

スマート材料アクチュエータ実用化研究会

名古屋大学大学院工学研究科機械システム工学専攻 准教授  高木 賢太郎 氏

近年、ロボット用人工筋肉やパワーアシスト、ハプティックデバイス、メカトロニクス機器などへの応用を目指して、熱駆動繊維アクチュエータ、形状記憶材料、誘電エラストマー、圧電材料などのスマート材料への注目が集まっている。本研究会では大学研究者、公的研究機関研究者、企業研究者・技術者の連携体制を構築し、その体制のもと、スマート材料アクチュエータの実用化を目指す。

第1回 研究会

日時平成30年7月19日(木)  14:00~17:00
場所名古屋大学 ベンチャービジネスラボラトリー 3階 ホール
プログラム ◇座長挨拶(14:00~14:30)
  名古屋大学 大学院工学研究科 准教授 高木賢太郎氏
   座長自己紹介ならびに研究会の趣旨説明

◇参加メンバー自己紹介(14:30~15:10)

◇休憩(15:10~15:40)
  コーヒーブレイク

◇講演(15:40~16:40)
  東京工業大学 物質理工学院 准教授 塩谷正俊氏
  「変形挙動から見た様々な高分子 -高強度繊維・ゲル・アクチュエータ-」

◇討論(16:40~17:00)
  今後の研究会の進め方について