HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 建設技術のデジタル革新に関する研究会

建設技術のデジタル革新に関する研究会

名古屋大学大学院工学研究科土木工学専攻 教授  加藤 準治 氏

建設分野におけるデジタル技術の適用は、省人化および省力化,高機能化等、今後の基幹インフラの高度化に必須な取組みである。地域産学行政の幅広い領域の研究者、技術者を交えて、高機能化(軽量、高強度、工期短縮等)を実現する技術、材料等を幅広く取り扱い、プロセス技術の高度化や先導的研究テーマの発掘等、当地域の産業振興に繋がる課題抽出等を行う。

第2回 研究会

日時令和2年8月21日(金)  13:00~16:00
場所オンライン開催(Zoomミーティング)
プログラム ○司会進行
    松村 寿男氏(瀧上工業(株))
13:00~13:05
 ◇研究会発足のご挨拶
    加藤 準治氏(研究会座長)
13:05~14:00
 ◇講演 「未来の社会インフラのための最適設計と自動施工デジタル革新への期待」
    加藤 準治氏(名古屋大学)
14:00~14:05 休憩
15:05~14:50
 ◇講演 「鉄筋コンクリート150年の歴史を変えるノンメタル橋の開発
      -超高耐久なローマコンクリートへの回帰を目指して-」
    春日 昭夫氏(三井住友建設(株))
14:50~15:35
 ◇講演 「これからの複合材料が果たす建設分野への役割」
    鵜澤 潔氏(金沢工業大学)
15:35~16:00 フリートーク

参加申込フォーム
https://smoothcontact.jp/front/output/7f00000158abe850698ef9feeb8141d

メンバー登録フォーム
https://smoothcontact.jp/front/output/7f00000124d9c112a6cc4824165bd048

第1回 研究会

日時令和2年6月30日(火)  11:00~13:00
場所オンライン開催(Zoomミーティング)
プログラム キックオフミーティング