HOME > 2019年度 中部地区医療・バイオ系シーズ発表会

2019年度 中部地区医療・バイオ系シーズ発表会

中部地区の大学等研究機関から最先端の技術シーズを発信します。
アカデミアと産業界の交流により,研究シーズの活用と
医療・バイオ産業の活性化を目指します。
昨今急成長市場として注目されているスマホアプリを活用した
モバイルヘルス業界の現状と、医療×ITで疾病重症化予防について、
第一線の研究者による招待講演を行います。この機会を是非ご活用下さい。

また発表会と同時に出展する研究者との個別商談会を実施します。
大学等研究機関とパートナー関係を構築し,「技術的な課題を解決したい」
「共同で研究を進めたい」という企業の皆様は,積極的にご参加ください。

 ※ 個別商談会を希望される方は申込方法のURLから2019年11月22日(金)までにお申し込み下さい。

開催概要

開催日
令和元年12月13日(金)  【13:00~18:00】
会場ウインクあいち12階会議室
https://www.winc-aichi.jp/access/
内容
 ◆中部地区11の大学・研究機関から、研究者による
  ポスター展示、口頭発表等を予定しています。

 ◆医療機器・創薬・介護福祉・リサーチツール等幅広い分野の
  シーズ展示を行います。
    
 ◆スマホアプリを活用し、重症化予防という疾病既往社に対する健康づくり
  支援に取り組む、名古屋大学発スタートアップPREVENTの取り組みについて、
  萩原悠太代表取締役社長が招待講演を行います。

 ◆科学技術交流財団からは、ポスター展示および14:00から口頭発表があります。

  【口頭発表シーズタイトル】 14:00~14:15
  「腸で働くペプチドを効率よく腸まで届けるには・・・」
  名古屋大学 予防早期医療創成センター 教授 本多 裕之 氏

  【科学技術交流財団関連事業】
  共同研究推進事業 平成29年度採択 
  「中長鎖ペプチドの腸輸送を目指した多孔性無機材料の内表面設計」 
  研究代表者 名古屋大学 予防早期医療創成センター 教授 本多 裕之 氏
 
 お問合せ、詳細、個別商談会へのお申込みは下記のHPへ
 http://www.aip.nagoya-u.ac.jp/industry/recital/2019/index.html
  
主催等 中部地区医療・バイオ系シーズ発表会 実行委員会
(参加機関:愛知県立大学・愛知工業大学・金沢大学・北九州市立大学・岐阜大学・九州工業大学・産業医科大学・帝京大学・名古屋大学・名古屋工業大学・名古屋市立大学・藤田医科大学・名城大学・科学技術交流財団・ふじのくに医療城下町推進機構・北九州産業学術推進機構・名古屋産業科学研究所)

参加申込

申込方法  ◆入場の事前申込みは不要です。直接会場にお越しください。
 ◆個人商談会へのお申込みは下記のURLからお申込みください。(申込み期限:11/22(金))
 http://www.aip.nagoya-u.ac.jp/industry/recital/2019/index.html
申込期限
参加費 無料
連絡先 「中部地区医療・バイオ系シーズ発表会」実行委員会事務局
chubu_seeds●aip.nagoya-u.ac.jp (●を@に変えて下さい)

  • 新着情報
  • コーディネータ紹介