よくあるご質問

よくあるご質問

【質問】 実施課題の決定方法について
【回答】 当財団の企業連携コーディネータが、企業への訪問等により、異業種連携することによって得られる新技術をイメージし、その試作品開発を委託する企業の抽出を行い審査会に提案して決定します。
企業からのアプローチも歓迎します。(担当:山岸、電話0561-76-8326、メールyamagishi@astf.or.jp)

【質問】 委託費について
【回答】 補助率は100%です。平成27年度の委託費の上限は、1課題100万円(消費税含む)です。

【質問】 研究共同体について
【回答】 愛知県内の中堅・中小企業(異業種2社以上で構成する技術開発共同体)で構成されます。技術開発の主体となる企業をコア企業、他の企業を協力企業と定義し、契約はコア企業1社と締結します。

【質問】 経費の支出項目について
【回答】 消耗品費(材料費、部品費)、再委託費(協力企業に限る)、その他経費(調査費、評価・分析費、設計・デザイン費、加工・製作費、修繕費など)が対象です。人件費は対象外です。

【質問】 経費の支出方法について
【回答】 支払は原則銀行振込(手数料は対象外)です。委託費の対象は、証拠書類(見積書、発注書、納品書、検収書、請求書、銀行振込書など)が必須となります。

【質問】 知的財産権について
【回答】 知的財産権は委託先企業に帰属します。ただし、企業連携事業実施中に得られた成果を出願する場合は、事前に当財団の了解をとってください。

【質問】 成果発表会開催や展示会出展等について
【回答】 完成した技術(試作品)は、成果発表会や展示会等で広く紹介します。また、当財団が発行する「科学技術交流ニュース」に開発内容を掲載するなど市場開拓の促進を支援します。