株式会社屋根技術研究所

伝統を守りつつ、暮らしを豊かにするためのイノベーションを追求

 梅雨入りしたどうかが疑われるような好天が続く中で、ようやく梅雨らしい曇りがちな一日、名鉄「高浜港」の駅に降り立ちました。先ず、駅前の巨大な鬼瓦のモニュメントに目を奪われ、伝統ある三州瓦産地にやってきたと強く感じながら、様々な小さな鬼瓦のモニュメントが飾られた小道を辿って株式会社屋根技術研究所本社を訪問し、都築社長にお話を伺いました。

創業事始

 当社は、1968年に屋根工事請負業として先代社長が創業しました。しかし、台風や地震などの自然災害によって多数の屋根瓦の落下を目にし、「世界に誇る日本の屋根瓦の伝統を守りつつ、自然災害に強い屋根工事方法を開発したい」と考え、株式会社屋根技術研究所を立ち上げ、防災瓦及び防災屋根用資材とその施工方法の開発を始めました。また、「製造まで手掛けると研究開発がおろそかになる」との考えから、製造については創業当初からファブレス路線を選択しています。
  「屋根に関する駆け込み寺的存在に」を合言葉に、屋根に関する様々な技術相談に対応しながら、相談企業との連携によって開発した個別工法を標準工法までブラッシュアップと、量産体制の構築までを目標に活動をしています。

基幹となる技術は・・・ 

 当社のコア技術は、屋根工事請負業で培ったノウハウです。創業時から瓦を如何に安全に屋根に取り付けるかという防災技術の開発とその普及に邁進してきました。災害による屋根瓦の落下の原因は、古くから伝統的な工法による瓦の固定方法にあると考え、「金釵釘(きんさくぎ)」や「金釵ねじ」、「強力棟(きょうりょくむね)」などの屋根部材を商品化し、その施工工法を含めて普及してきました。また、最近の住宅建物の高気密化によって、建物内部に残った湿気は、建物構造自体の寿命を短くしていると言われます。そこで、屋根裏の自然換気を確保するために、小屋裏換気装置「換気くんシリーズ」も開発しています。
 屋根に関するあらゆるイノベーションを追及するという方針から、屋根緑化や太陽熱温水器、太陽光発電パネル等への展開も進めてきました。

新たな事業分野・・・太陽光発電への参入   

 当社の太陽光発電への関与は、住宅用向け太陽光発電の普及に向けて補助金制度がスタートした1994年に遡ります。電機メーカーが開発した太陽光発電パネルを住宅の屋根にどのように取り付けるかを当社に相談をいただいたのが本格的な施工技術の開発のきっかけになりました。「屋根を傷めずにあらゆる屋根に太陽光発電パネルを取り付ける」という方針の基に、現在も開発を進めています。その成果は、太陽光発電パネルを取り付けるための各種「支持瓦」、配線を収納できる各種「配線瓦」、あらゆる屋根に対応できるように各種「支持金具」、「オリジナル架台」の商品化に繋がりました。そうした、取り付け治具の開発を進めるとともに、新しい施工技術の普及のため太陽光発電メーカーと連携して、現場の職人の方々を対象とした研修事業にも積極的に実施してきました。
 最近では新たな補助事業も開始され、太陽光発電事業の産業分野への展開が大きな関心を集めていますが、残念なことにその施工やメンテナンスについて新たな問題が顕在化しています。当社としては、これまで培った一般住宅向け太陽電池パネル施工やメンテナンスの技術を活用して今後とも太陽光発電の普及に取り組んでいきます。

高い顧客満足度を得るためには・・・

 繰り返しになりますが、当社の強みは様々な屋根用資材の設計・開発に留まらず、実際の施工にも関与し、屋根をトータルに理解できていることだと思います。屋根の施工に関してあらゆる相談に対応できるノウハウを蓄積していると自負しています。当社はあくまでも瓦メーカーあるいは太陽光発電メーカーと建築施工業者との間を取り持つ黒子的な存在であると考えています。こうしたメーカーと共同して、より安全な屋根用部材や太陽光発電パネル施工治具を開発提案することが、より適切な施工に繋がり、最終的には居住者の方々に快適で安全な暮らしを保障できると信じているからです。

インターネット時代の事業展開は・・・

 当社も、IT投資と物流をかなり強化してきました。ITを利用した受発注は当然としても、これまで高コストに繋がりやすい流通システムについて投資を積極的に行っています。特に、連携企業の製品も含めて当社が中心となった国内外の物流システムの構築を積極的に進めています。海外についても、昨年、アメリカ西海岸に「Roof Tech Inc.」を立ち上げています。
 今後とも、「屋根をステージに伝統を守りつつ、暮らしを豊かにするためのイノベーションの追及」をさらに進めていきたいと考えています。

会社概要(取材当時)
  • 社名:株式会社屋根技術研究所
  • 創業:1968年
  • 資本金:1億円
  • 代表取締役社長:都築城二
  • 従業員数:189名(うち正規雇用:146名)
  • 事業内容:各種屋根材の開発・販売・施工・コンサルタント
  • 本社:愛知県高浜市碧海町二丁目3-26 TEL(0566)52-6132