HOME > 新着情報 > 「モノづくり技術者のためのパワエレセミナー」参加者を募集します。12月1日(火)開催、申込締切:11月24日(火)

「モノづくり技術者のためのパワエレセミナー」参加者を募集します。12月1日(火)開催、申込締切:11月24日(火)

2020年10月13日

     地域企業イノベーション支援事業 
モノづくり技術者のためのパワエレセミナー
 主催:公益財団法人 科学技術交流財団 後援:一般社団法人 GaNコンソーシアム

  電気エネルギーは、熱や光、動力などへ変換が容易なため社会に広く普及しています。
  また、AIや5Gなど進化する情報通信技術を支える電子機器のエネルギー源としても不可欠です。
  さらに、自動車技術の方向性を示している「CASE」にも「Electric(電動化)」として
 電気エネルギー利用が取り上げられています。
  さて、この電気エネルギーを扱う技術分野をパワーエレクトロニクス(略してパワエレ)
 と呼びますが、CO2排出削減の社会的ニーズが高まる中でエネルギー変換効率向上を
 目指して技術開発が進められています。
  また、名古屋大学天野教授はじめ当地域に豊富な研究蓄積のあるGaNデバイスは、
 効率向上の有望な切り札として脚光を浴びています。
  本セミナーでは、発展続けるパワエレ技術の基礎知識から最新動向、産業界での取り組み事例について、
 GaNデバイス等高性能なパワー半導体の応用も含めて講演していただきます。
 企業の皆様が工場設備の省エネ化や省エネ効果の高い製品開発を行うにあたり、
 有意義な技術情報となることを期待します。
  なお、本セミナーは、新型コロナウィルス感染防止のため、オンラインで開催しますが、
 オンライン参加できない方には感染防止対策を施した視聴会場も用意しておりますのでご利用ください。
 多くの皆様のご参加をお待ちしています。

日 程

令和2年12月1日(火)13:30~16:30

開催場所

「知の拠点あいち」あいち産業科学技術総合センター 1階講習会室
 (豊田市八草町秋合1267番1)
会場アクセス: http://www.astf.or.jp/about/access.html
 (最寄り駅:リニモ「陶磁資料館南」駅 徒歩2分)

視聴会場付き 「Teams」によるWebセミナー  
 講師は全員オンライン講演となります。

プログラム

○13:30~13:05 
 開会あいさつ 経済産業省中部経済産業局 地域経済部 産業技術課長 末吉敏弘 氏

○13:35~14:35
「パワエレ技術の最新動向」 
  名古屋大学 未来材料・システム研究所 大学院工学研究科 電気工学専攻
   教授 山本 真義 氏

 2014年のノーベル賞受賞対象となった窒化ガリウム(GaN)半導体は、2020年現在、
GaNパワー半導体として発展し、特に自動車、航空宇宙分野において大きな技術改革を
遂げようとしています。特にテスラモーターズ社のモデル3の分解解析結果から、
次世代パワー半導体のインパクトがどの様なものかを解説して参ります。


○14:35~15:20 パワエレ応用事例Ⅰ
「電力分野でのパワエレ技術動向と応用事例」 
  愛知電機株式会社 電力カンパニー システム開発センター
   パワエレ開発グループ長 桑原 祐 氏

 分散型電源が普及し、高圧配電線の電圧変動が急激かつ拡大しています。
従来の電圧調整器(SVR)は応答性が遅くこの問題への対応は困難です。
 当社はSiCを用いた高圧配電線用無効電力補償装置を製品化し、
電力品質の維持に貢献しています。その概要を紹介します。
 また、GaNを電力分野に適用する際の課題について解説します。

○15:20 休 憩

○15:30~16:15 パワエレ応用事例Ⅱ
「EVおよびAGV向けワイヤレス充電システム開発への取り組みと、EV向け実証事例」
 株式会社ダイヘン 技術開発本部 充電技術開発部
  部長 鶴田 義範 氏

 ダイヘンにおける磁界共鳴方式を用いたワイヤレス給電技術開発の取り組みについて説明します。
また、短距離の移動手段としての活用が期待されている超小型電動モビリティへの
ワイヤレス給電技術を用いた実証事例について紹介します。

○16:15 アンケート記入後、終了(16:30)










































    ※本セミナーは経済産業省中部経済産業局より受託した、令和2年度 地域企業イノベーション支援事業「マルチマテリアル化に向けた新素材と次世代加工技術の統合による社会実装支援事業」の取組の一環として開催いたします。

申込方法

  • パンフレット裏面申込書にご記入の上11月24日(火)までに
    FAX(0561-21-1651) またはメール(chuukaku[at]astf.or.jp)
    または下記のWEBサイトからお申込みください。
    (迷惑メール対策のため[at]としています。小文字@に変換してしてください。)

    →  パンフレットへ
    →【会場参加の方】 ⇒ こちらのWEBサイトからお申し込みください。
    →【WEB参加の方】 ⇒ こちらのWEBサイトからお申し込みください。
  • ◆モノづくり技術者のためのパワエレセミナー参加申込(12/1開催)
    ◆社名・大学名等の機関名:
    ◆所属・役職:
    ◆所 在 地:
    ◆氏    名:
    ◆ご連絡先:TEL/FAX/E-mail
    ◆ご希望の参加形態:視聴会場での参加 ・ Webでの参加
  • 定員 90名(うち視聴会場定員 30名) 参加費 無料
  • 応募多数の場合は、締切日前に受付を終了させていただきます。

セミナー参加方法

  • <視聴会場参加の方>
     
    参加証は発行いたしません。当日会場受付まで直接お越しください。

    ※「三密」回避のため、参加人数を絞っておりますので、事前に申し込みをお願いいたします。
    ※発熱、倦怠感、味覚異常など体調がすぐれない方は参加をご遠慮ください。
    ※マスクの着用、手洗いの徹底など感染予防にご留意ください。      
  • <Web参加の方> 
     Webセミナーへの参加方法については、締切後にメールでご案内いたします。
    ※11月27日(金)の時点で
    メール未着の場合は事務局にお問い合わせください。
    ※研究会は、ビデオ会議システム「Teams」のミーティングを使用します。
    (ライブイベントではありません。原則カメラ・マイク共にオフの状態でご参加いただく予定です。)
     インターネットに接続され、動画視聴可能なPCまたはスマートフォンが必要です。

問合せ先事務局

科学技術交流財団 業務部 (TEL:0561-76-8326・8327)

  • 新着情報
  • コーディネータ紹介