研究交流事業共同研究推進事業情報提供事業中小企業支援事業コーディネート事業教育研修事業知的クラスター創成事業健康長寿産業クラスター地域コンソーシアム事業中部シンクロトロン光利用施設整備事業「知の拠点」重点研究プロジェクト推進事業

トップページ > 地球研究開発促進拠点支援事業 愛知のRSP

地球研究開発促進拠点支援事業 愛知のRSP

RSP活動の紹介

加速度センサを用いた高齢者転倒モニターの開発

メモリー式(左) テレメーター式(右)
メモリー式(左) テレメーター式(右)

高齢者の転倒・転落は、骨折や寝たきりを招く原因となります。
転倒予防の訓練や転倒の原因を調査することを目的に、転倒前後の3次元の加速度データと時刻を自動記録する万歩計サイズのモニタを開発しました。
試作器を国際福祉機器展に出展し好評を得ました。

試験実施機関/国立中部病院長寿医療研究センター

バックナンバー
平成15年 平成14年
1 2 3 4 5 6 7 8                       1 2 3 4 5 6 7 8                      
平成13年 平成12年
1 2 3 4 5                             1 2 3 4 5 6 7                        
平成11年 平成10年
1 2 3 4                               1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
平成9年 平成8年
1 2 3 4                               1 2 3                                

このページの先頭へ