研究交流事業共同研究推進事業情報提供事業中小企業支援事業コーディネート事業教育研修事業知的クラスター創成事業健康長寿産業クラスター地域コンソーシアム事業中部シンクロトロン光利用施設整備事業「知の拠点」重点研究プロジェクト推進事業

トップページ > 地球研究開発促進拠点支援事業 愛知のRSP

地球研究開発促進拠点支援事業 愛知のRSP

RSP活動の紹介

多孔質澱粉粒子の表面修飾による高機能化

多孔質澱粉粒子の拡大
多孔質澱粉粒子の拡大

植物由来の澱粉粒子を酸素処理すると、部分的に糖化が起こり多孔質となることが知られています。 本研究はこの多孔質澱粉の応用展開を図ったもので、澱粉表面をさらにエステル化、アミド化、メチルエーテル化などによって化学修飾することにより、薬剤担持のための機能を向上させました。例えばメントールに対し高い保持能力が確認されています。

試験実施機関/サンエイ糖化(株)
研究協力/名古屋大学

バックナンバー
平成15年 平成14年
1 2 3 4 5 6 7 8                       1 2 3 4 5 6 7 8                      
平成13年 平成12年
1 2 3 4 5                             1 2 3 4 5 6 7                        
平成11年 平成10年
1 2 3 4                               1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
平成9年 平成8年
1 2 3 4                               1 2 3                                

このページの先頭へ