研究交流事業共同研究推進事業情報提供事業中小企業支援事業コーディネート事業教育研修事業知的クラスター創成事業健康長寿産業クラスター地域コンソーシアム事業中部シンクロトロン光利用施設整備事業「知の拠点」重点研究プロジェクト推進事業

トップページ > 地球研究開発促進拠点支援事業 愛知のRSP

地球研究開発促進拠点支援事業 愛知のRSP

RSP活動の紹介

在宅ケアを支援する情報通信機器の可能性試験

在宅(左)側と病院(右)側を結びモニターのやりとりを行う装置在宅(左)側と病院(右)側を結びモニターのやりとりを行う装置
在宅(左)側と病院(右)側を結びモニターのやりとりを行う装置

医療制度の変化により、在宅ケアを必要とする老齢者が激増しています。
在宅の老齢者と担当医師のコミュニケーションを容易とすると共に、ある程度のバイタルサインデータのやりとりができるように、患者側と病院側に必要機器を設計・試作すると共に、一般電話回線とISDN回線を用いて実際に通話・診断・介護指示を行う評価試験を行いました。
現在、操作性をさらに向上させるための改良を進めています。

試験実施機関/(株)名古屋情報センター
研究協力/名古屋市立大学・愛知県立大学・足助病院

バックナンバー
平成15年 平成14年
1 2 3 4 5 6 7 8                       1 2 3 4 5 6 7 8                      
平成13年 平成12年
1 2 3 4 5                             1 2 3 4 5 6 7                        
平成11年 平成10年
1 2 3 4                               1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
平成9年 平成8年
1 2 3 4                               1 2 3                                

このページの先頭へ