研究交流事業共同研究推進事業情報提供事業中小企業支援事業コーディネート事業教育研修事業知的クラスター創成事業健康長寿産業クラスター地域コンソーシアム事業中部シンクロトロン光利用施設整備事業「知の拠点」重点研究プロジェクト推進事業

トップページ > 地球研究開発促進拠点支援事業 愛知のRSP

地球研究開発促進拠点支援事業 愛知のRSP

RSP活動の紹介

再生繊維と古紙を利用した包装用緩衝材の開発

試作されたモールドの一例
試作されたモールドの一例

電子部品や機械部品を輸送する際の緩衝材として、パルプモールドが多用されています。パルプモールドには古紙繊維を用いることが多いのですが、重量物輸送時の緩衝能力に問題がありました。
本研究ではここにふとん綿などの再生繊維を用いることを検討しました。
長い繊維の混入により、十分な緩衝能が実現されています。

試験実施機関/(株)名古屋モウルド
研究協力/愛知県工業技術センター

バックナンバー
平成15年 平成14年
1 2 3 4 5 6 7 8                       1 2 3 4 5 6 7 8                      
平成13年 平成12年
1 2 3 4 5                             1 2 3 4 5 6 7                        
平成11年 平成10年
1 2 3 4                               1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
平成9年 平成8年
1 2 3 4                               1 2 3                                

このページの先頭へ