研究交流事業共同研究推進事業情報提供事業中小企業支援事業コーディネート事業教育研修事業知的クラスター創成事業健康長寿産業クラスター地域コンソーシアム事業中部シンクロトロン光利用施設整備事業「知の拠点」重点研究プロジェクト推進事業

トップページ > 地球研究開発促進拠点支援事業 愛知のRSP

地球研究開発促進拠点支援事業 愛知のRSP

RSP活動の紹介

花こう岩風化物の新建設用材としての活用研究

試作された「タタキ」ブロックと平面
試作された「タタキ」ブロックと平面
試作された「タタキ」ブロックと平面

県下に広く分布する末利用の花こう岩風化物(通称マサ土、サバ土)の建設用材としての活用可能性を試験しました。 「タタキ」と呼ばれている伝統的技法を現代の眼で見直し、評価したもので、環境に優しい建築材料として「環境との共存」をテーマとする2005年日本国際博覧会会場での採用を目指すなど、地域のマスコミにも大きく取り上げられています。

試験実施機関/(株)村瀬工務店
研究シーズ/地域伝統技術

バックナンバー
平成15年 平成14年
1 2 3 4 5 6 7 8                       1 2 3 4 5 6 7 8                      
平成13年 平成12年
1 2 3 4 5                             1 2 3 4 5 6 7                        
平成11年 平成10年
1 2 3 4                               1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
平成9年 平成8年
1 2 3 4                               1 2 3                                

このページの先頭へ