研究交流事業共同研究推進事業情報提供事業中小企業支援事業コーディネート事業教育研修事業知的クラスター創成事業健康長寿産業クラスター地域コンソーシアム事業中部シンクロトロン光利用施設整備事業「知の拠点」重点研究プロジェクト推進事業

トップページ > 地球研究開発促進拠点支援事業 愛知のRSP

地球研究開発促進拠点支援事業 愛知のRSP

RSP活動の紹介

パーキンソン病診断チップの開発

網羅的発現遺伝子プロファイリング
網羅的発現遺伝子プロファイリング

本プロジェクトで、従来法であるノーザンブロット法やRT−PCR法の性能を維持したまま、DNAチップのような網羅性を確保できる、網羅的発現遺伝子プロファイリング技術を開発しました。この技術によって、従来4〜5年かかっていた細胞中で発現している2万個以上の遺伝子の解析を、ほぼ3ヶ月でできるようになりました。本研究では、この新しい発現遺伝子プロファイル技術で得られた結果を従来のRT−PCR法で確認することで、データの品質を確認しました。

試験実施機関:アイシン精機株式会社
研究協力:名城大学

バックナンバー バックナンバー
平成15年 平成14年
1 2 3 4 5 6 7 8                       1 2 3 4 5 6 7 8                      
平成13年 平成12年
1 2 3 4 5                             1 2 3 4 5 6 7                        
平成11年 平成10年
1 2 3 4                               1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
平成9年 平成8年
1 2 3 4                               1 2 3                                

このページの先頭へ