研究交流事業共同研究推進事業情報提供事業中小企業支援事業コーディネート事業教育研修事業知的クラスター創成事業健康長寿産業クラスター地域コンソーシアム事業中部シンクロトロン光利用施設整備事業「知の拠点」重点研究プロジェクト推進事業

トップページ > 地域研究開発促進拠点支援事業 愛知のRSP

地域研究開発促進拠点支援事業 愛知のRSP

RSP活動の紹介

R「きら」粘土を利用した造粒物使用舗装工法及び透水性ブロックの開発

試験施工状況
試験施工状況

セメント等の硬化材と、骨材その他を混合、造粒し、硬化前に道路などの表層部に敷き、押さえて固める舗装法、及び同様の造粒物を成型した舗装ブロックを、未利用窯業原料キラを活用し開発しました。造粒物間・同内部に微細空隙を生成させ、従来技術にない透水性(0.02cm/sec以上)保水性(0.25g/cm3以上)を同時に得ることができました。当面は歩道を対象に実用化を目指します。

試験実施機関:増岡窯業原料(株)
研究協力:豊田工業高等専門学校・愛知県産業技術研究所 瀬戸窯業技術センター

バックナンバー
平成15年 平成14年
1 2 3 4 5 6 7 8                       1 2 3 4 5 6 7 8                      
平成13年 平成12年
1 2 3 4 5                             1 2 3 4 5 6 7                        
平成11年 平成10年
1 2 3 4                               1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
平成9年 平成8年
1 2 3 4                               1 2 3                                

このページの先頭へ