研究交流事業共同研究推進事業情報提供事業中小企業支援事業コーディネート事業教育研修事業知的クラスター創成事業健康長寿産業クラスター地域コンソーシアム事業中部シンクロトロン光利用施設整備事業「知の拠点」重点研究プロジェクト推進事業

トップページ > 終了事業について > 愛知県・名古屋市地域結集型共同研究事業 > 愛知県・名古屋市地域結集型共同研究事業の概要

愛知県・名古屋市 地域結集型共同研究事業

愛知県・名古屋市地域結集型共同研究事業の概要

愛知県と名古屋市は、21世紀に向けた新しい都市形態として、都市の廃棄物を循環して再利用するとともに、都市内・近郊の森林等の自然活力を取り込んだ「循環型環境都市」を構想し、その基本となる基盤技術として

  1. 都市の生活廃棄物を高品質エネルギー源・材料源として再利用する技術
  2. 里山(都市近郊林)の育成管理による環境維持・増進技術
  3. 廃棄物の再利用技術や里山保全技術の導入が地域環境に及ぼす影響の評価技術
等の研究開発に共同して取り組むものです。


その成果は、2005年に開催される日本国際博覧会に提案するとともに、今後の地域づくりや地域企業の技術力集積を図ります。 また、我々はその成果を世界に向けて発信し、ネットワーク型地域COE(Center of Excellence:優秀な頭脳と先端設備を備えた世界的な研究拠点)形成を推進していきます。

  1. コア研究室・研究設備の充実
  2. 中核期間の組織体制の整備
  3. 研究交流促進会議、共同研究推進委員会、特別委員会、ワーキンググループの開催・運営
  4. 共同研究の推進

研究課題 循環型環境都市構築のための基盤技術開発

基本計画の体系図

循環型環境都市概念図


次へ

愛知県・名古屋市 地域結集型共同研究事業事業TOPへ戻る

このページの先頭へ