共同研究促進事業(過去の共同研究事業)

平成15年度 研究テーマ

「ヒト皮膚ガス(アセトンとアンモニア)手首装着センサーの開発」

1.研究リーダー

名古屋工業大学工学部 教授 津田 孝雄 氏

2.内容

研究リーダーらは、ヒトの皮膚表面からアセトンやアンモニアなどの揮発性有機物質や気体成分が放出されることを発見しました。さらに、これらが糖尿病や肥満などの指標である血糖値や血液中のアンモニア濃度などと相関関係があることを確認しました。

これにより、ヒト皮膚表面から放出されるアセトンガス濃度、アンモニアガス濃度を常時測定でき、生活習慣病である肥満や糖尿病予備軍の身体状態の指標に用いることができる携帯型のセンサーを開発します。

また、センサーによる測定結果を医療機関などへ転送し、その結果をもとに、健康管理、健康指導を遠隔地から集中的に行うことができるシステムの開発も検討します。

3.共同研究機関

(財)科学技術交流財団、名古屋工業、名古屋大学、株式会社スズケン、高砂電気工業株式会社

4.研究リーダー紹介

津田 孝雄(つだ たかお)

津田 孝雄(つだ たかお)

1963年 名古屋工業大学 工学部 工業化学
1965年 名古屋大学 大学院工学研究科修士課程終了
1965年 日東紡績株式会社化繊研究所補助研究員
1966年 名古屋大学工学部助手
1979年 名古屋工業大学工学部助教授
1999年 名古屋工業大学工学部教授

5.研究概念図

研究概念図

このページの先頭へ


  (過去の共同研究事業)

 事業概要

 研究テーマ

 研究成果