共同研究促進事業(過去の共同研究事業)

平成9年度 研究テーマ

「人間の情報処理機構に基づくソフトコンピューティング技術の開発」

1.研究リーダー

名古屋大学 大学院工学研究科 教授 大熊 繁 氏

2.目的

近年、情報処理法としてソフトコンピューティングが国内外で盛んに研究されています。しかし、その成果としては、ファジィ理論、ニューラルネットワークなど個別の技術や各手法の融合手法が 議論されているのみで、核心である情報のあいまいさの本質は追求されておらず、実用的なソフトコンピューティングのアルゴリズムは開発されていません。本研究では、あいまいな情報表現とし ての「信号」と論理表現としての「記号」の相互作用を通して、情報のあいまいさの本質を探究し、実用性の高いソフトコンピューティングのアルゴリズムの開発を行ないます。また、信号・記号の 相互作用を通した推論手法は並列計算機上で効率的に処理されるため、従来の逐次処理方式のハードウェアに代わる信号・記号の推論に適した専用ハードウェアの開発も合わせて行ないます。

以上の方法は初めて提唱される新しい視点からの研究開発であり、この研究で目指している学習や 進化などの人間的な情報処理を実現するコンピュータは、機械に関わる産業が多いこの地域の高度情報化を進めるもので、その波及効果は極めて大きいものです。

<ソフトコンピューティングとは>

ソフトコンピューティングはファジィ集合論の創始者であるL.A.Zadehによって提唱された新しい情報処理法の概念で、人間が日常的に行なう多様な問題解決や行為には適度の寛容性が含まれていることに着目し、精密さを過度に求めることを避け、扱いやすさ頑健さ低コストを実現するための情報処理を目指しています。ソフトコンピューティングの主要な方法論にはファジィ理論、ニューラルネット、遺伝的アルゴリズム等があります。

3.共同研究機関

名古屋大学、名古屋工業大学

(財)名古屋産業科学研究所

(オークマ(株)、沖電気工業(株)、(株)デンソー、トヨタ自動車(株) 、松下電器産業(株)、リンナイ(株))

(財)科学技術交流財団

4.研究開発するソフトコンピューティング技術の処理機構と期待される成果

wpe3.jpg (24009 バイト)

5.期待される成果

  • 環境の変化に対応できる自動車とインテリジェントトランスポートシステム(ITS)
  • 通信環境の変化に対応する情報通信システム
  • 故障しにくく、オートチューニングが可能な機械、ロボット、家電品
  • その他のシステムの知能化

このページの先頭へ


  (過去の共同研究事業)

 事業概要

 研究テーマ

 研究成果