HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 技術普及推進事業 > 分野別研究会 > 健康福祉用具開発研究会

健康福祉用具開発研究会

本研究会は高齢社会に向け、平成6年、全国に先駆けた福祉用具の開発支援研究会として発足、10年目を迎えることになりました。参加者数も延べ350社を超え、福祉用具の製品化・実用化など一定の成果を上げてきました。

また、平成14年度からは名称を「健康福祉用具開発研究会」と改め、15年度は、「健康」「福祉」「自立」という視点からメーカー、大学、行政などの有機的連携を目指し、福祉関連ビジネスの環境づくりのためのネットワークを推進していくとともに、生活者のニーズに応えた新しいシステム、サービス、商品づくりなど多方面にわたる活動のサポートの展開を目指してきました。

アクティブ・シニアライフセミナー

健康で余暇を楽しみながら、いかに介護・リハビリ等を行ったらよいか、それぞれの立場からお話を頂きました。

開催概要結果

日時 平成16年3月23日(火)午後1時30分から
場所 あいち健康プラザ 大ホール(→交通案内等
〒470-2101 知多郡東浦町大字森岡字源吾山1-1 電話:(0562)82-0211(代)
プログラム
主催 (財)科学技術交流財団・日本福祉大学
後援 大府市、アイシン精機キープエイブル部
参加費 無料(定員300名)

第5回研究会

(株)スギヤス様のご協力を頂き、階段昇降機をはじめとした福祉用具製作の現場をご覧いただくため、会員の皆様のほか、一般消費者の方からも参加者を募り、メーカー担当者と情報交換の場を設けました。

開催概要結果

日時 平成16年2月18日(水) 午後1時30分から
場所 (株)スギヤス本社
〒444-1394 高浜市本郷町4-3-21 電話:(0566)53-1127
名鉄三河線三河高浜駅下車、タクシー5分又は徒歩25分
プログラム
  • 会社見学
    講演
    (株)スギヤス 住宅福祉グループ グループマネージャー 横山 護 氏

第4回研究会

開催概要

日時 平成15年11月18日(火) 午後1時30分から
場所 愛知厚生年金会館
〒464-8543 名古屋市千種区池下町2-63 電話:(052)761-4182
プログラム
  • 講演 「コクヨのユニバーサルデザイン」
    コクヨ(株)

第3回研究会

開催概要

日時 平成15年10月9日(木) 午後1時30分から
場所 アイリス愛知 2階 コスモス
〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-5-10 電話:(052)223-3751
プログラム
  • 講演 「人間工学から見た評価指標」
    トヨタ自動車(株) 第5開発センター 第1車両技術部 金森 等 氏
    人に優しいクルマ開発の一端として、ユニバーサルデザイン開発を推進し、以下の2つの指標を軸に開発車展開を図っています。
    1. 人間工学の観点から6項目を対象にした「エルゴインデックス」(人のハード面)
    2. クルマの使い方がユーザーの要求にどれだけマッチしているかを示す「シーン適合度」の評価、「人にやさしい」度合いの指標化 等について
    こうしたトヨタ独自のユニバーサルデザイン評価指標の考え方及び活用について、新型ラウムの開発事例を基にご紹介しました。

第2回研究会

開催概要

日時 平成15年9月4日(木) 午後1時30分から午後4時30分まで
場所 KKRホテル名古屋 4階 菊の間
名古屋市中区三の丸1-5-1 電話:(052)201-3326
プログラム
  • 講演1(13:30-14:30)
    「国の福祉関係施策とその動向」
    独立行政法人製品評価技術基盤機構 近畿本部 人間・福祉技術課 友成安伸 主査
    1. 評価機構の役割と実績
    2. これまでの標準化の流れの中の福祉用具
    3. 工業会の動き
    4. 国際標準化に関する現状と課題
  • 講演2(14:30-15:30)
    「(株)イクスピアリの販売戦略」
    (株)イクスピアリ 取締役副社長 浅妻 信弘 氏
    ディズニーランドに付帯する巨大商業施設イクスピアリの概要と位置付け、またその販売戦略等についてお話頂きました。
  • 見学(15:45-16:30)
    独立行政法人製品評価機構 中部支所
    天井走行リフト、階段昇降機等

第1回研究会

開催概要

日時 平成15年8月5日(火) 午後1時30分から午後3時30分まで
場所 アイリス愛知 コスモス 2階(→所在地等
〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-5-10 電話:(052)223-3751
プログラム
  • 講演1(13:30-15:30)
    「What is the universal design ~快適にお洒落に暮らす21世紀のために~」
    (株)東京生活研究所ディレクター・(株)TWIN代表 山田 節子 氏
各種デザイン展・クラフト展選定委員。地場産業や固有性のあるライフスタイルをテーマに各種の企画催事・ものづくりに取り組む一方、百貨店「松屋」のシンクタンクとして生活フロア、食品フロアのディレクションを通し、長年に渡って新たなライフシーンの提案を続けている。

「ユニバーサルスクエア」は、松屋銀座店7階に約150点のアイテムを陳列。食器や文具、衣類や家具など種類も豊富で、誰にでも優しい機能を持ち、しかも美しいフォルムを誇っています。年齢やハンディの有無に関わらず、快適にお洒落に暮らすためのアイデアがいっぱいの話題の売り場です。

今回は、「ユニバーサルスクエア」での展開、また、長年新しいライフスタイルの提案を続けてこられた経験から具体的事例を基にお話いただきました。

概要

会費 10,000円
会員資格 個人・法人・団体を問いません・会員資格は申し込み年度のみ有効です
事業内容
  • 介護・福祉に関わる組織のネットワークの構築
  • 研究開発・技術開発のための情報提供
  • 製品開発における助成制度の案内・開発などに関わるコーディネイト
  • ホームページ作成支援
開催回数 年5回程度