HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 技術普及推進事業 > 分野別研究会 > 平成23年度 LED実用化研究会

平成23年度 LED実用化研究会

 白色LEDに関しては、これまで長年にわたって使われてきた白色電球や蛍光灯などの照明用光源からの置き換えが切望されています。世界全体の電力消費に対して照明装置の電力消費は20%程度あり、省エネルギーの点からも新光源の普及が強く求められています。
LED関連研究は、いかに発光させるかという原理的な段階から、太陽光に近い白色光を単体で発光させる新規白色LED(粉末蛍光体を使わないLED)の研究や、それをどのように使って生活を豊かにしていくかという実用段階に発展してきています。
この様な新たな商品分野には、中小・中堅企業の参入も期待されています。本研究会では、白色LEDの商品化の動向や、省エネルギー・高演色性・長寿命・低コストを実現できる究極の光源実現のための技術開発の動向などについて情報提供・意見交換を行いました。
都合4回の研究会を開催しまして、多くの皆様にご参加いただきました。有り難うございました。
(※第1回、第2回、第3回については、それぞれ「第1回開催概要」「第2回開催概要」、「第3回開催概要」(ここをクリック)をご参照下さい。)
 

第4回開催概要 

日時 平成24年1月17日(火) 14:30~17:00
※詳細は開催パンフレット(ここをクリック-pdfファイル)をご参照下さい。
集合場所及び時間 名城大学 タワー75 10階 1002号
名古屋市天白区塩釜口1-501 TEL(052)832-1151(代表)
主催等 主催:公益財団法人科学技術交流財団 後援:中部経済産業局
内容
  • 講演I 【14:35 ~ 15:35】
    「農業分野におけるLED利用の現状と課題 
    講 師  イシグロ農材株式会社 商品開発部 商品開発課 渡邉  亮  氏
                        マム部 マム課       長谷川 紀子 氏    農業分野におけるLEDの利用について、その使用方法・使 用場面などの事例紹介、及び課題を報告。また、今後LEDを農業分野で利用するに当たり、現場で求められていることを紹介。 

     
  • 講演II 【15:50 ~ 16:50】
    「養鶏におけるLEDの利用と課題 
    講 師  名古屋大学 産学官連携推進本部 連携推進部 村松 敏仁 氏
        愛知県新城設楽農林水産事務所 農業改良普及課 
                       技術指導グループ 技師 八木 祐介 氏 
     愛知県北設楽郡東栄町の養鶏事業者が実施した、LED照明の試験導入(白熱電球からLEDへ更新)を事例に、現場で分かった技術的課題などを挙げ、併せて国内クレジット制度の活用及び農業の六次産業化の取組みについて紹介。

 

第3回開催概要

日時 平成23年12月13日(火) 14:30~17:00
※詳細は開催パンフレット(ここをクリック-pdfファイル)をご参照下さい。
集合場所及び時間 名城大学 タワー75 10階 1002号
名古屋市天白区塩釜口1-501 TEL(052)832-1151(代表)
主催等 主催:公益財団法人科学技術交流財団 後援:中部経済産業局
内容
  • 講演I 【14:35 ~ 15:35】
    「LED照明のトライ」
    講 師 日本街路灯製造株式会社 豊明工場 研究開発 主席研究員 若松 寿 氏
    10年前、氷点下-15℃の厳しい自然環境下での橋梁照明の引合いがあり、そこに市場に出たてのLEDを使用したのがLEDとの出会いでした。従来は光源の大きさに左右された照明器具から、小さなLED光源に変わり、照明器具のデザインの自由度が増しました。振動・衝撃に強く、災害時にも耐久性が高く、この方面での光源に採用が期待されました。しかし、このような長所よりもCO2削減に高く評価されているのが現状です。LEDをより多くの分野で活用できないか、との思いから、”LEDあかり塾”を立ち上げました。より心地良いあかりをLEDで創りだせないか、明日に何ができるかを模索しています。アクセサリーにLEDを組み込む試みにも挑戦。
    今回の事例紹介で、仕事・身の回りで何ができるか想像し、皆さまと明日に繋がるものが誘発できればと願っています。
  • 講演II 【15:50 ~ 16:50】
    「LEDランプの性能向上の取組みと標準化状況」
    講 師 パナソニック株式会社 ライティング社 R&Dセンター
    企画グループ 技術企画チーム 向 健二 氏
    近年、各社から発売されている白色LEDを応用したランプは、日進月歩で性能が向上しており、より使いやすいLEDランプの実現に向けた技術開発も進められています。また、これと平行し、市場における不安全などのトラブルを避ける為、LEDランプに関する標準化も行なわれています。本講演では、パナソニックにおける事例を中心に、LED電球の性能向上、使いやすさ向上のための技術開発状況を紹介するとともに、LED電球、直管形LEDの国内外における標準化の状況を紹介。

第2回開催概要

日時 平成23年10月25日(火) 14:30~17:00
※詳細は開催パンフレット(ここをクリック-pdfファイル)をご参照下さい。
集合場所及び時間 ○名城大学 科学技術創生館 LED共同研究センター
名古屋市天白区塩釜口2-1522 TEL(052)832-1151(代表)
■交通のご案内
※地下鉄鶴舞線「塩釜口/名城大学前下車」 1番出口徒歩約8分
(飯田街道(153号線)を「植田」方向へ(開催パンフをご参照下さい))
主催等 主催:公益財団法人科学技術交流財団 後援:中部経済産業局
内容
  • 講演I 【14:30 ~ 15:30】
    「名城大学 科学技術創生館/LED共同研究センター 設備紹介及び見学会」
    経済産業省による先端イノベーション拠点事業の採択を受け設置された「LED共同研究センター」に関する設備紹介及び見学会を実施。
  • 講演II 【15:45 ~ 17:00】
    「LEDの数値解析 ~内部物理現象の把握から特性改善まで~」
    講 師 株式会社ウェーブフロント 営業部 塚田 佳紀 氏
    LEDの数値解析は、大学・メーカー問わず、LED製造プロセスに関わる多くの研究機関で採用されています。 本講演では、LED内部の物理現象を把握するための解析手法から、電気・温度・発光など、LED特性の改善事例等を紹介。

第1回開催概要

日時 平成23年9月29日(木) 14:00~17:00
※詳細は開催パンフレット(ここをクリック-pdfファイル)をご参照下さい。
場所 名城大学 タワー75 10階1002号 (→所在地等)
名古屋市天白区塩釜口1-501 TEL(052)832-1151(代表)
主催等 主催:公益財団法人科学技術交流財団 後援:中部経済産業局
内容
  • 講演I 【14:15 ~ 15:30】
    「LEDを活用した環境デザインの展開 ~商品開発からまちづくりへ~」
    講 師 名古屋工業大学大学院 社会工学専攻 建築・デザイン工学科 准教授 伊藤 孝紀 氏
    世界的に成功しているブランド(企業)は、デザイン戦略が確立しています。LEDの技術を活用することにより、商品開発から子ども教育、まちづくりへと展開するデザイン戦略の事例などを紹介。
  • 講演II 【15:45 ~ 17:00】
    「コクヨエコライブオフィス品川での取組みとオフィスのLED市場動向」
    講 師 コクヨファニチャー(株) MD本部 環境事業TCM 坂部 みどり 氏
    約3年前からLED照明をはじめ、「コクヨエコライブオフィス品川」では様々なエコに関する実証実験に取り組んでいます。そこから生まれた、働きやすいワークスペースと省エネを両立させるタスク&アンビエント照明と、その商品化にまつわるストーリー、納入事例などを元に、オフィスでのLED市場の動向などを紹介。
  • 交流会(名刺交換会) 【17:00 ~ 18:00】