HOME > 事業のご案内 > 共同研究・成果普及事業 > 提案公募型の研究開発事業 > 現在の実施事業概要 > 単一の測定装置による熱電3物性値の同時計測可能な方法の開発(平成28~30年度)

単一の測定装置による熱電3物性値の同時計測可能な方法の開発(平成28~30年度)

 

総括研究代表者 オザワ科学株式会社 技術本部 産業機器課 係長  小川 清

 

研究参加者                       

研究開発の要約

熱電変換材料の性能指数評価に必要となるゼーベック係数、電気抵抗率、熱伝導率の熱電3物性とその温度依存性を同時に高精度且つ迅速に計測できる技術がないため、性能評価に多大な時間と労力を要していた。そこで熱電3物性を同時に計測するための接触式マルチセンシングプローブ(センサ)及び計測手法を新たに構築し、容易・迅速、高精度かつ広い温度範囲で計測できる装置を開発する。