HOME > 事業のご案内 > 共同研究・成果普及事業 > 提案公募型の研究開発事業 > 現在の実施事業概要 > 手話の自動翻訳を実現させる高精度な動作検出と動作のパターンマッチングの技術開発(平成28~30年度)

手話の自動翻訳を実現させる高精度な動作検出と動作のパターンマッチングの技術開発(平成28~30年度)

 

総括研究代表者 株式会社ユニオンソフトウェアマネイジメント 代表取締役社長  青井 基行

 

研究参加者                    

研究開発の要約

人のコミュニケーション手段は、音声や文字、手話などと様々であるが、手話の音声や文字へ自動翻訳は実用に耐えられるデバイスが無く、開発が待たれている。 本事業は、手話の自動翻訳デバイスを実現する、赤外線センサとカメラ画像を用いた高精度な動作検出技術と、動作パターンマッチングの技術開発に取り組む。