HOME > 事業のご案内 > 共同研究・成果普及事業 > 提案公募型の研究開発事業 > 過去の研究開発概要 > 地域資源活用型研究開発事業(平成19~20年度)

地域資源活用型研究開発事業(平成19~20年度)

地域に存在する資源(地域資源)を活用した、新製品の開発を目指す実用化技術の研究開発支援を通じて、新たな需要を開拓し、地域の新産業・新事業の創出に貢献しうる製品等の開発につなげることを目的とする、「地域資源活用型研究開発事業」(経済産業省公募事業)について、平成19年度に採択された2テーマを実施しました。

平成19~20年度実施事業概要

瀬戸・土岐の窯業技術を活用したカーボンナノチューブ大量製造法

総括研究代表者 財団法人科学技術交流財団 プロジェクトマネージャー 倉内 紀雄
研究参加者
研究開発の要約 瀬戸・土岐地域の地域資源である窯業技術を活用することで、名城大学で開発された、新素材「カーボンナノチューブ」の環境にやさしく低コストな合成法についての工業的大量製造法を開発する。
研究開発の成果 H19-20成果報告書(pdf)へ(”中部経済産業局終了事業成果報告書概要一覧”より)
事業化品:「単層カーボンナノチューブ」ほか((株)名城ナノカーボン)

瀬戸産「Re瀬ッ戸」を用いた健康市場向け商品の研究開発

総括研究代表者 財団法人科学技術交流財団 プロジェクトマネージャー 野村 忠生
研究参加者
研究開発の要約 愛知万博で産地発の環境配慮型製品として試験利用された「Re瀬ッ戸」素地を食器分野以外にも普及させるため、シート成形技術を応用した資源循環型生産技術を確立する。
また、新規市場参入のため、大型肉厚ものから大型極薄シートによる内・外装材、健康市場向け商品を開発する。
研究開発の成果 H19-20成果報告書(pdf)へ(”中部経済産業局終了事業成果報告書概要一覧”より)