Aichi Science and Technology Foundation

​事業内容

事業内容

IoT・AI活用支援

​事業内容

研究交流クラブ

研究会

先進技術活用セミナー

MOT研修

産学共同研究助成

シーズ活用技術開発助成

企業連携技術開発助成

サポイン研究開発支援

研究開発・事業化支援

IoT・AI活用支援

​あいちシンクロトロン光センター

​重点研究プロジェクト

​地域イノベーションエコシステム

IoT・AI活用支援

 IoT・AIなど最新のデジタル技術を活用して、生産の効率化や新製品・新サービスの開発を進めるにあたり役に立つ技術サービスとして、(1)技術セミナー・研修による情報提供、(2)技術相談会、(3)IoT・AI導入実践指導を継続的に行っています。また、今年度は、(4)中部経済産業局補助事業 令和3年度地域産業デジタル化支援事業として各種事業を実施しています。ぜひご利用ください。​

(1)技術セミナー・研修の開催
現場カイゼンにおけるIoT活用セミナー

  ITツールを活用した業務改善(工場内データ収集・蓄積・活用)の進め方についてご理解いただくための工場IoT技術者を対象とした研修です。

 本事業は、「先進技術活用セミナー」として実施しています。詳しくは、こちらをご覧ください。

最新デジタル技術活用セミナー
「モノづくり最前線 AI&DXの現在地とは」

 いま企業に求められているDX(デジタルトランスフォーメーション)のスピーディーな導入。DXではデジタル技術はもちろん、人的コスト削減につながるAIの活用が最重要視されています。本セミナーでは、AIとDXの最新情報と活用の具体例をご紹介しました。

 本セミナーは、「地域産業デジタル化支援事業」として実施しました。詳しくは、こちらをご覧ください。

AI・ディープラーニングが分かる最新デジタル技術活用ワークショップ 「ラズペリーパイを使って機械学習を体験しよう!」

 IoT開発を手軽に体験できるツールとして注目を浴びている「ラズベリーパイ(ラズパイ)」。これを用いて機械学習を体験していただく全4回のワークショップです。

​ 本ワークショップは、「地域産業デジタル化支援事業」として実施しました。詳しくは、こちらをご覧ください。

(2)技術相談
最新デジタル技術活用個別相談会

 愛知県立大学 ICTテクノポリス研究所 所長の神谷幸宏様に御協力いただき、最新デジタル技術全般に関する相談をお受けします。
 本セミナーは、「地域産業デジタル化支援事業」として実施しました。詳しくは、こちらをご覧ください。

IoT・AI導入に関する相談
  1. IoT・AI導入に関する相談を下記、相談窓口にてお受けしています。

  2. 代表アドバイザーが最適なアドバイザーを選定し対応します。

公益財団法人科学技術交流財団 業務部 IoT/AI代表アドバイザー 高間正俊 

電話:0561-76-8326

E-mail:takama[at]astf.or.jp

※スパム対策のため、E-mailの@を[at]に変更してあります。

(3)IoT・AI導入指導

 中小企業がIoT・AIを活用した生産性向上や工場の自動運転を計画する場合、現状では標準的な導入モデル(パッケージ提供ができない)を提示しずらく、工場の立地条件、製品製造、流通プロセス等に合わせたオーダーメイド型のIoT・AI導入となることが普及の障害となっています。そこで、IoT・AI導入に関する相談のほか、IoT導入を考えている事業所(IoT導入モデル工場)を選定し専門家サポーターチームにより導入を支援します。さらに、IoT導入の過程を導入モデル事例として地域の企業に広く紹介することによりIoT普及に貢献します。

サポーターチーム編成

業務コンサルタント

現場の現状把握、分析、改善指導ができる人材

データ・アナリスト

現場で発生するビッグデータを分析し活用できる人材

IoTベンダー

現場改善に必要なIoT導入、システム構築ができる人材

教育コンサルタント

企業のIoT・AI導入を企画できる企業人材育成指導者

企業の選定と実施期間

​ IoT・AI導入を計画しているが実現方法について困っている企業の中から導入モデル企業として3社を選定し、原則、6ヶ月以内で導入支援します。

経費

 財団がサポーターチームの派遣にかかる費用を負担します。その他の経費は支援先企業の負担となります。

選定企業に対するIoT・AI導入実践指導の内容
  1. 現状把握と改善計画

  2. IoT・AI導入計画+投資計画

  3. 導入と運用指導、及び社内人材の育成指導

  4. 関連支援(銀行融資、補助金活用との資金面での側面支援)

​​現状分析

現場改善​(ルール)

改善モデル​にIoT導入

IoT導入​評価

IoT拡充自力

2019年度支援事例 ((導入モデル企業:A社(自動車部品加工)の例)

クリックで拡大表示

(4)令和3年度地域産業デジタル化支援事業

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、テレワークなどデジタル化の検討や導入が進む一方で、中堅・中小企業の製造現場においては、デジタル技術を活用した業務の見える化、機械化、自動化のみならず、サプライチェーンのデジタル化のニーズも高まっています。さらに、「ポストコロナ」時代に向けては、既存の枠組みを変革し新たな価値を生み出す、デジタルトランスフォーメーション(DX)を改めて強く迫られていると感じています。
 このため、当財団では、中部経済産業局補助事業 令和3年度地域産業デジタル化支援事業に「デジタル技術と新素材による部品産業の新ビジネスモデル構築支援事業」を提案し、セミナーや研修会、技術相談会のほか、デジタル化による新ビジネスモデル実証を進める企業の伴走支援など、モノづくり企業のデジタル化の取組みを支援しています。
 さらに、本事業の一つの取り組みとして、デジタル技術応用の必要性を感じながらも具体的な取り組みに足踏みをしている中堅・中小企業の皆様に、その取り組みを一歩進めることを目的として、デジタル化により一定の成果を挙げておられる企業の皆様にご協力をいただき、その取組事例や最新デジタル技術を活用した新しいビジネスモデルの開発事例集を作成しました。