HOME > 事業のご案内 > 情報提供事業 > 当地域のイベント情報

当地域のイベント情報

当地域の科学技術関連団体の行事スケジュールを下記にまとめて掲載しています。
更新は随時行っています(令和4年1月19日更新)。
行事の日程・内容等は都合により変更される場合がありますので、事前に連絡先機関にお問合せ下さい。

イベント掲載月:2022年1月~2022年6月
公募情報があります

1/11-1/14 ものづくり支援講座「産業用ロボット作業者特別教育」

詳細を表示

日 付: 2022年1月11日~1月14日 [申込締切]2021年12月21日
時 間: 9:10~17:00
テーマ: 産業用ロボット作業者特別教育(1月期)
内 容: 【学科】
◆1月11日 
・9:10~14:10 
産業用ロボットに関する知識
・14:15~16:45
教示等の作業に関する知識
◆1月12日
・9:10~10:40
教示等の作業に関する知識
・10:45~15:45
検査等の作業に関する知識
・15:50~16:50 
労働安全衛生法・施行令等の関係法令 
【実技】 
◆1月13日または14日
・9:30~17:00
産業用ロボットの操作の方法 
産業用ロボットの教示等の作業の方法 
産業用ロボットの検査等の作業の方法
まとめ及び修了式
講 師: 技術士事務所”ロボティ” 所長 稲垣 荘司 氏 他
会 場: 【学科教育】名古屋市工業研究所 管理棟 会議室           【実技教育】パナソニック(株)プロセスエンジニアリングセンター
参加費: 賛助員(共催、協賛会員も含む)34,980円         一般 40,480円
(税込)
定 員: 16名
詳 細: https://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/index.html
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

1/12 東三河防災カレッジ

詳細を表示

日 付: 2022年1月12日 [申込締切]2022年1月5日
時 間: 14:00-16:30
テーマ: 電動車の災害時活用を考える
内 容: 防災に関わる研究や実践の成果に基づいて今日の防災のあり方に対する幅広い理解や考え方を学ぶ
講 師: 豊田都市交通研究所加藤秀樹,鳥取県職員,准教授 松尾幸二郎
会 場: オンライン
参加費: 500円
定 員: 20名(最少催行人数1名)
連絡先: 安全安心地域共創リサーチセンター 事務室
E-mail carm@office.tut.ac.jp
TEL: TEL 0532-81ー5157

1/12-3/2 中小企業技術者研修「加工技術研修」

詳細を表示

日 付: 2022年1月12日~3月2日 [申込締切]2021年12月22日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: 加工技術研修
内 容: 2022年1月12日~3月2日(毎週水曜日)9:30~16:30
・加工プロセス概論 (3時間)
・塑性加工 (3時間)
・切削加工 (3時間)
・NC加工・NC工作機械 (3時間)
・鋳造 (3時間)
・研削砥石・研削加工 (3時間)
・放電加工・レーザ加工 講義・見学 (6時間)
・切削加工・切削盤 (3時間)
・金属3Dプリンター技術 (3時間)
・射出成形 (3時間)
・精密測定 (3時間)
・切削油剤の知識 (3時間)
・バリ取り・エッジ仕上げについての表面処理技術 (3時間)
講 師: 名古屋工業大学 
教授
北村 憲彦 氏 他
会 場: 名古屋市工業研究所
参加費: 60,500円
(税込)
定 員: 15名
詳 細: https://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/lecture.html
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

1/14 革新的技術研究会 講演会「ものづくり企業向けSDGs入門Ⅲ」

詳細を表示

日 付: 2022年1月14日(金)  [申込締切]2022年1月7日(金)
時 間: 13:15~17:00
テーマ: 脱炭素を目指した最新の技術開発・戦略の動向
内 容: 13:15-13:20 開会挨拶
13:20-14:20「カーボンニュートラルに向けた二酸化炭素の回収と利用技術の開発」、名古屋大学 大学院工学研究科 化学システム工学専攻 教授(兼)未来社会創造機構 マテリアルイノベーション研究所 所長 則永 行庸 氏
14:30-15:30 「東邦ガスのカーボンニュートラルに向けた取り組み」、東邦ガス 株式会社 技術研究所 業務用技術 総括 山脇 宏 氏
15:40-16:40 「日本ガイシのカーボンニュートラルへの取り組み」、日本ガイシ 株式会社 ESG推進部 部長 野尻 敬午 氏
講 師: 名古屋大学 大学院工学研究科 化学システム工学専攻 教授(兼)未来社会創造機構 マテリアルイノベーション研究所 所長 則永 行庸 氏
東邦ガス 株式会社 技術研究所 業務用技術 総括 山脇 宏 氏
日本ガイシ 株式会社 ESG推進部 部長 野尻 敬午 氏
会 場: サイエンス交流プラザ 大会議室(名古屋市守山区下志段味穴ケ洞2271-129)
★オンラインでも参加できます!
参加費: 無料
定 員: 100名
詳 細: https://www.nipc.or.jp/sansien/kakusin/info.html
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 研究推進部 研究開発支援課 革新的技術 担当
TEL: 052-736-5680

1/17 情報処理学会東海支部主催2021年度第6回講演会

詳細を表示

日 付: 2022年1月17日(月)
時 間: 16:00~17:00
テーマ: 自動運転バスの開発と街づくり
講 師: 太田直哉 氏(群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センター センター長)
会 場: オンライン開催
参加費: 無料
定 員: 60名
詳 細: http://www.ipsj-tokai.jp/
連絡先: 情報処理学会東海支部 事務局 
TEL: 052-231-3564

1/18 東三河防災カレッジ

詳細を表示

日 付: 2022年1月18日 [申込締切]2022年1月11日
時 間: 14:00-17:00
テーマ: 災害復興とまちづくり
内 容: 防災に関わる研究や実践の成果に基づいて今日の防災のあり方に対する幅広い理解や考え方を学ぶ
講 師: (株)邑計画事務所 吉田基,(株)地域まちづくり研究所海野芳幸,講師 小野悠
会 場: オンライン
参加費: 500円
定 員: 20名(最少催行人数1名)
連絡先: 安全安心地域共創リサーチセンター 事務室
E-mail carm@office.tut.ac.jp
TEL: TEL 0532-81ー5157

1/19 第5回 セミナー in なごやサイエンスパーク

詳細を表示

日 付: 2022年1月19日(水) [申込締切]1/17(月)
時 間: 14:00~15:30
テーマ: ポストコロナのサプライチェーン再構築セミナー
内 容: ● 日本の製造業を取り巻く環境の変化 製造業の新常態(ニューノーマル)
● 製造業におけるレジリエンスとは?
  研究開発、製造、物流でのサプライチェーンリスク事例
  自社レジリエンス構築の視点、サプライチェーンの強靱化 
● 求められる経営リスクの評価と素早い対応
● サプライチェーンの見直し等で活用したい補助支援
● 質疑応答
講 師: 株式会社ハート・クオリア   代表取締役  座間 安紀夫 氏
会 場: 名古屋産業振興公社
サイエンス交流プラザ会議室
(オンライン参加 可)
参加費: 無料
定 員: 会場参加:30名
オンライン参加:150名
詳 細: https://www.smrj.go.jp/incubation/nagoya/event/2021/pcgpup00000028b6.html
連絡先:
(独) 中小企業基盤整備機構 中部本部
クリエイション・コア名古屋 松山様
TEL: 052-736-3909

1/25 知の拠点あいち重点研究プロジェクトⅢ期 技術セミナー「人工知能型対話技術のビジネス活用」

詳細を表示

日 付: 令和4年1月25日(火) [申込締切]令和4年1月18日(火)
会 場: ウインクあいち15階研究交流センター又はオンライン
詳 細: http://www.astf-kha.jp/project/event/2021/12/post-21.html

1/25-1/27 コンピュータ支援3Dものづくり技術講座

詳細を表示

日 付: 2022年1月25日~27日 [申込締切]2021年12月24日
時 間: 未定
テーマ: 社会人向け実践教育プログラム(産業技術科学分野)
内 容: 興味があるけど今さら聞けない,ちょっと試してみたい「3Dプリンタものづくり技術」について。
コンピュータ設計(CAD),解析(CAE)からマシニングセンタ/3Dプリンタによる製作(CAM)までを実習。設計解析の概念を理解し,3D CAD,CAEから3Dプリンタまでを体験。
講 師: 岐阜大学地域連携スマート金型技術研究センター 阿部史枝,機械工学系/教授 足立忠晴
会 場: 豊橋技術科学大学 対面講座(感染状況により中止の場合あり)
参加費: 15,500円(内500円は保険代)
定 員: 10名(最少催行人数2名)
連絡先: 教育研究基盤センター 事務室
E-mail kencen@office.tut.ac.jp
TEL: TEL 0532-44ー6574

1/27-2/24 ものづくり支援講座 機械系技術者のための「エレクトロニクスの知識」研修

詳細を表示

日 付: 2022年1月27日~2月24日 [申込締切]2022年1月13日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: 「エレクトロニクスの知識」研修
内 容: ◆1月27日(木)
・オームの法則、電圧、電流、抵抗、電力、電力量
・直流と交流、交流波形の種類、周波数と周期
・単位、接頭語、回路記号
・電池、1次電池と2次電池、電池の内部抵抗
・抵抗、導体と絶縁体と半導体の抵抗、抵抗の種類、抵抗の読み方、抵抗計算
・コンデンサ、コンデンサの種類、コンデンサの読み方、静電容量と耐圧、静電容量計算
・コイル、コイルの種類、コイルの性質、コイルとトランス
・半導体、半導体の構造、半導体の種類
・ダイオード、ダイオードの構造、電流電圧特性、ダイオードの種類、LED(発光ダイオード)
・トランジスタ、トランジスタの構造、トランジスタの種類、トランジスタの読み方
・機器の使い方(マルチメータ、オシロスコープ、ブレッドボード)
◆2月3日(木)
・キルヒホッフの法則
・電源の使い方、電圧降下と電圧測定
・LED(発光ダイオード)の点灯、ダイオードの使い方
・ツェナーダイオードの使い方、三端子レギュレータの使い方
・交流の種類、方形波とデューティー比
・尖頭値と実効値、位相差の求め方
・フィルタ回路、各フィルタにおけるゲイン特性と位相特性の測定
・機器の使い方(マルチメータ、オシロスコープ、ファンクションジェネレータ)
・回路シミュレータによるゲイン特性と位相特性
◆2月10日(木)
・アナログとディジタル、ブール代数と論理演算
・回路の正論理と負論理、2進数、8進数、16進数、BCD
・補数と減算とキャリー
・A/D変換とD/A変換、アナログ回路とディジタル回路の融合
・チョークコイルの使い方、トランジスタ増幅回路の作成
・ステッピングモータ制御回路の作成(前半)
・ディジタル入出力ユニット
◆2月17日(木)
・センサとアクチュエータ
・シーケンス制御とフィードバック制御
・マイコンやパソコンを使うメリット
・マイコンのトレンドとIoT
・タイミングチャートと命令
・ステッピングモータ制御回路の作成(後半)
・A/D変換回路の作成
・オペアンプによる回路例
・PICマイコン、Arduino UNO、Raspberry Piのデモ
◆2月24日(木)
・講義総復習
・実験総復習
・電子回路工作(ハンダ作業)
・回路の理解と障害切り分け
・各マイコン開発環境の作成とプログラミング(希望者のみ)
講 師: 愛知工業大学 工学部 成田 憲一 氏
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟 会議室
参加費: 賛助員46,200円         一般 53,900円
(税込)
定 員: 16名
詳 細: https://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/index.html
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

1/28 第131回分子科学フォーラム

詳細を表示

日 付: 2022年1月28日(金)
時 間: 18:00から
テーマ: 「ウエルビーイング経営の本質 ~データが明かす新たな人・組織・社会と幸せ~」
内 容: 【概要】予測不能の時代である。予測不能な変化に立ち向かうのは楽ではない。だから前向きな精神的エネルギーが必要である。しかし変化に前向きに立ち向かうのはそれに見合うやりがいと成長と生産性と創造性を伴うものである。これを可能にするのが誰もがもてる「オプティミズム」である。講演者は、最先端のテクノロジーにより収集した1000万日を越えるデータで幸せで生産的な人間・組織を研究し、新著『予測不能の時代』に綴った。この講演では新時代の人と組織、そしてマネジメントの姿を論ずる。
講 師: 矢野 和男 (株式会社 日立製作所フェロー、株式会社ハピネスプラネット 代表取締役CEO)
会 場: オンライン開催
参加費: 無料
定 員: -
詳 細: https://www.ims.ac.jp/research/seminar/2021/11/05_5207.html
連絡先: 自然科学研究機構 分子科学研究所広報室 forum@ims.ac.jp
TEL: 0564-55-7262(平日の9時~17時)

1/28 Nagoya Musubu Tech Lab講演会

詳細を表示

日 付: 2022年1月28日 [申込締切]2022年1月26日
時 間: 13:00~16:15
テーマ: “むすぶ”が創る名古屋のイノベーション
内 容: 講演Ⅰ 「ときめき」で溢れるものづくり
講演Ⅱ 「熱」を考え、「熱」を創造する
講演Ⅲ 製造業の新規事業をつくりまくれ!「アウトレプレナー」の挑戦
講 師: 講演Ⅰ Nexstar CEO 山本愛優美氏
講演Ⅱ ㈱河合電器製作所 技術部 リーダー 荒川真由美氏
講演Ⅲ ピノベーション㈱CEO 鳥羽伸嘉氏
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟1階 ホール
参加費: 無料
定 員: 120名
詳 細: https://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/379.pdf
連絡先: 「講演会」運営事務局[㈱ディレクターズ内]
TEL: 090-2929-2271

1/28 新春講演会

詳細を表示

日 付: 2022年1月28日(金) [申込締切]2022年1月25日
時 間: 16:00~17:30
テーマ: 「セルロースナノファイバー(CNF)を活かしたクルマ作り」
内 容: 16:00~17:30「セルロースナノファイバー(CNF)を活かしたクルマ作り」
講 師: 京都大学 生存圏研究所  生物機能材料分野
特任教授 臼杵 有光 氏
会 場: (一社)名古屋銀行協会 5階 大ホール
参加費: 無料
定 員: 100名
詳 細: https://www.nipc.or.jp/kougyou/teikyo/kouen.html
連絡先: 名古屋産業振興公社 安田
TEL: 052-654-1683

1/28 名古屋大学 予防早期医療創成センター 第10回ワークショップ

詳細を表示

日 付: 2022年1月28日(金) [申込締切]2022年1月28日(金)
時 間: 10:00-17:30
テーマ: 予防早期医療に資する異分野融合・産学連携によるワークショップ
内 容: 10:00~10:10
挨拶
予防早期医療創成センター長 門松健治
10:10~11:10
○【招待講演】
愛知県は医療崩壊をどうやって防いだか
藤田医科大学 学長 藤田医科大学・病院群 統括病院長
湯澤 由紀夫(ゆざわ ゆきお)氏
11:15~11:45
○ポスターセッションに関するショート・トーク
昼食休憩
12:45~14:40
○ポスターセッション(3会場4部制)
14:50~15:25
○講演1
健康保険組合を取り巻く課題:コロナ禍を踏まえて
健康保険組合連合会 常務理事
河本 滋史 (かわもと しげふみ )氏
15:25~16:00
○講演2
新型コロナウイルス感染症流行下において認知症高齢者及び家族が直面した課題
広島大学大学院 医学研究科 共生社会医学講座 教授
石井 伸弥(いしいしんや)氏
16:05~16:40
○講演3
コロナ禍でのスポーツイベント運営~逆境をチャンスに~
㈱名古屋グランパスエイト マーケティング部ファンディベロップメントグループ グループリーダー
遠藤 友貴彦(えんどう ゆきひこ)氏
16:40~17:15
○講演4
コロナ禍における個人情報の共有~海外渡航のためのデジタル証明書を例に~
慶應義塾大学 医学部医療政策・管理学教室 特任准教授
藤田卓仙(ふじたたかのり)氏
17:20~17:30
挨拶
会 場: 名古屋大学 ES総合館1階ESホール(名古屋市千種区不老町 名古屋大学東山キャンパス)
参加費: 無料
定 員: 調整中
詳 細: https://www.pme.coe.nagoya-u.ac.jp/conference20220128/
連絡先: 名古屋大学予防早期医療創成センター事務室
kou-kyoten@adm.nagoya-u.ac.jp
TEL: 052-789-5499

1/31 技術講演会

詳細を表示

日 付: 2022年1月31日 [申込締切]2022年1月28日
時 間: 13:30~16:30
テーマ: 産業用X線CT装置の活用事例と最新動向
内 容: ◆講演:X線CT撮影の基礎と活用事例の紹介
◆見学:希望者対象に、高出力X線CT装置ほか同研究所の装置を見学
講 師: ◆講演:東芝ITコントロールシステム(株)
検査システム部検査システム設計担当 原拓生氏
会 場: 名古屋市工業研究所 第1会議室(管理棟3階)
参加費: 無料
定 員: ・講演(会場参加):50人
・講演(Web 参加):50 人
・見学(会場参加):20 人
詳 細: https://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/385.pdf
連絡先: 名古屋市工業研究所 システム技術部 生産システム研究室 岩間
TEL: 052-654-9951

2/1-2/2 次世代計測加工技術者養成事業

詳細を表示

日 付: 2022年2月1日(火)~2月2日(水) [申込締切]2022年1月24日(月)午後5時まで
時 間: 各日9:20~17:00
テーマ: 中小企業のためのIoT実装技術研修
内 容: 1.IoTとRaspberry Piの概要
2.Raspberry Piのセットアップ
3.センサデータの取得・送信
4.Pythonの基本文法
5.IoTシステムの実装
講 師: 株式会社富士通ラーニングメディア
人材育成サービス事業部
下川 由加志氏
会 場: あいち産業科学技術総合センター産業技術センター 1階 講堂
参加費: 無料
定 員: 10名
詳 細: https://www.pref.aichi.jp/soshiki/acist/20211217-iot.html
連絡先: 産業技術センター
総合技術支援・人材育成室
TEL: 0566-24-1841

2/8 東三河防災カレッジ

詳細を表示

日 付: 2022年2月8日 [申込締切]2022年2月1日
時 間: 13:30-16:00
テーマ: 東三河のハザードマップを知る
内 容: 防災に関わる研究や実践の成果に基づいて今日の防災のあり方に対する幅広い理解や考え方を学ぶ
講 師: 教授齊藤大樹,東三河市町村職員
会 場: オンライン
参加費: 500円
定 員: 20名(最少催行人数1名)
詳 細: https://carm070.wixsite.com/bosaicollege-tut/%E7%9F%AD%E6%9C%9F%E5%B1%A5%E4%BF%AE
連絡先: 安全安心地域共創リサーチセンター 事務室
E-mail carm@office.tut.ac.jp
TEL: 0532-81-5157

2/10 令和3年度モノづくり企業へのDX推進セミナー

詳細を表示

日 付: 令和4年2月10日(木) [申込締切]令和4年2月9日(水)
時 間: 10:30~12:00
内 容: 【基調講演】モノづくり企業へのDX導入の進め方
   名古屋国際工科専門職大学 工科学部 学科長 教授 山本 修一郎 氏
 情報処理推進機構 (IPA)では、中小製造業のDX推進ガイドを公開して、自己診断ツールと推進ステップによる目指す姿の具体化を進めています。また、経産省による『DXレポート2.1』では、デジタル産業の創出に向けた共通プラットフォームを提示しています。
本講演では、これらの取組みを紹介するとともに、DXとコロナ禍がもたらすモノづくりの未来について展望します。
(1)日本企業のDX戦略事例
(2)共通プラットフォームとデジタル産業
(3)モノづくり企業の未来

【講演】わが社のDX取組事例 ~金型設計・製造でモノからコトへ~
   株式会社岐阜多田精機 代表 多田 憲生 氏
 3D設計や最先端のレーザー加工技術、アンドロイドデバイスを用いた生産管理システム、金型の状況をセンサーで監視する「スマート金型」等、金型業界でいち早くIT・デジタル技術を活用した工場改革「令和時代に勝ち残る 中小ものづくり企業のデジタル革新」著者。
会 場: 吹上ホール 第3会議室
参加費: 無料
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/hukyu/bunya/R3k103.html

2/16 令和3年度ものづくり技術講演会

詳細を表示

日 付: 2022年2月16日 [申込締切]2022年2月4日
時 間: 10:00~15:50
テーマ: 転換期を迎える自動車産業~THE ROAD RO BRIGHT FUTURE~
内 容: 1.『自動車業界にのしかかる100年に一度の大変革』-差し迫る温暖化危機の中、進むべき自動車産業の戦略-
2.『名古屋市工業研究所における自動車産業に関する試験、研究の取り組み』
   ①「CAE解析のための材料の機械的パラメータの同定」
   ②「名古屋市工業研究所における非破壊検査のご紹介」
3.『「設計力」とはやりきる力 ~品質の99%はいまだ五合目~』 
4.『カーボンニュートラル実現に向かった電動化の動向と課題』
講 師: 1. 愛知工業大学 工学部 客員教授 藤村 俊夫 氏
2 . ①名古屋市工業研究所 システム技術部 計測技術研究室 研究員 谷口 智
②名古屋市工業研究所 システム技術部 生産システム研究室 研究員 岩間 由希
3. 株式会社ワールドテック 代表取締役 寺倉 修 氏
4. 株式会社アイシン パワートレインカンパニー Chief Electric Leader 安部 静生 氏
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟1階 ホール
参加費: 無料
定 員: 100名
詳 細: https://www.nipc.or.jp/kougyou/teikyo/kouen.html
連絡先: 公益財団法人 名古屋産業振興公社 工業技術振興部 工業技術企画課
TEL: 052-654-1633

2/16 愛知県産業立地・再投資促進セミナー

詳細を表示

日 付: 令和4年2月16日(火) [申込締切]令和4年2月4日(金)
時 間: 15:00~17:00
テーマ: 愛知の立地環境の魅力や支援制度の紹介
内 容: 15:05~16:05基調講演
16:15~16:35県内立地企業による事例紹介
 
16:35~16:55国・県施策紹介
講 師: □基調講演
  「グリーンエネルギー化の戦略なくして自動車のカーボンニュートラル実現は不可能!」
 愛知工業大学工学部客員教授(工学博士)、元トヨタ自動車 藤村俊夫 氏
□愛知県立地企業による事例紹介
 日本ガイシ株式会社
 執行役員 セラミックス事業本部技術統括部長、同本部技術統括部開発部長 坂本浩文 氏
□国・県による施策紹介
 経済産業省 中部経済産業局 産業部 中小企業課
 愛知県 経済産業局 産業部 産業立地通商課
会 場: □会場参加
名古屋国際センター別棟ホール
□オンライン参加
・ライブ中継:Zoom
・録画配信:Youtube
参加費: 無料
定 員: □会場参加
80名
□オンライン参加
・ライブ中継:500名
・録画配信:人数制限無し
詳 細: https://www.pref.aichi.jp/soshiki/ricchitsusho/reinvest-2021.html
連絡先: 愛知県経済産業局産業部産業立地通商課
TEL: 052-954-6342

2/16-2/18 「知の拠点あいち重点研究プロジェクトⅢ期」最終成果発表会

詳細を表示

日 付: 令和4年2月16日(水)~令和4年2月18日(金) [申込締切]令和4年2月10日(木)
テーマ: ~3年間の集大成として3プロジェクトの研究成果を発表~
会 場: あいち産業科学技術総合センター
詳 細: http://www.astf-kha.jp/project/event/2022/01/post-22.html

2/17 第8回せとしん知財活用ビジネスマッチング交流会

詳細を表示

日 付: 2022年2月17日(木) [申込締切]2022年2月10日(木)
時 間: 13:30~17:00
内 容: 〇大企業等の開放特許技術の紹介
〇大企業等との個別面談
講 師: 国立大学法人東海国立大学機構 岐阜大学(個別面談のみ)
住友理工株式会社
中部電力株式会社
株式会社ユピテル
会 場: 瀬戸信用金庫本店 エンゼルホール・ギャラリーひまわり
参加費: 無料
定 員: 開放特許技術紹介
100名
詳 細: https://www.pref.aichi.jp/site/aichi-chizai/matching040217.html
連絡先: 瀬戸信用金庫 営業支援部 営業企画グループ
TEL: 0561-86-0215

2/17-2/18 機械加工実習講座

詳細を表示

日 付: 2022年2月17日~18日 [申込締切]2022年2月3日
時 間: 未定
テーマ: 社会人向け実践教育プログラム(産業技術科学分野)
内 容: 知っておきたい,興味があるけど今さら聞けない「機械加工技術」について。
旋盤・フライス盤・レーザーマーカーで,初級の機械工作を体験。M/C・CNC旋盤・レーザ加工機・ワイヤ放電加工機・3Dプリンタ等の機器見学も。
講 師: 教育研究基盤センター/工作支援部門 小林教授・技術職員
会 場: 豊橋技術科学大学 対面講座(感染状況により中止の場合あり)
参加費: 10,500円(内500円は保険代)
定 員: 6名(最少催行人数3名)
詳 細: https://www.tut.ac.jp/cooperation/docs/2021-4.pdf
連絡先: 教育研究基盤センター 事務室
E-mail kencen@office.tut.ac.jp
TEL: 0532-44-6574

2/19 2021年度 豊橋市民大学トラム 豊橋技術科学大学連携講座「近未来の住まい・暮らし・街づくり」

詳細を表示

日 付: 2022年2月19日 [申込締切]2022年2月12日
時 間: 10:00~11:30
テーマ:  「豊橋市「まちなか図書館」におけるインタラクティブコンテンツ制作の取り組み」
講 師: 大島  直樹 講師
(エレクトロニクス先端融合研究所)
会 場: 豊橋技術科学大学図書館
サテライト会場 豊橋市22地区市民館
オンライン配信
参加費: 無料
定 員: 対面20名
サテライト会場 各20名
オンライン80名
詳 細: https://www.tut.ac.jp/cooperation/ecourse.html
連絡先: 豊橋技術科学大学
研究支援課地域連携係
TEL: 0532-44-6569

2/21 日本建築学会東海支部:2021年度支部研究集会シンポジウム

詳細を表示

日 付: 令和4年2月21日(月) [申込締切]令和4年2月14日(月)
時 間: 13:00~15:00
テーマ: 「建築を取り巻く関係性の再構築ー素材と人材からみた新たなデザイン」
内 容: 支部長挨拶
趣旨説明
「dot architectsのデザイン」
 
「地域の木と土を活かした建築と教育の試み」
  
「地域と、建築と、建築陶器に携わること」
質疑応答
 
まとめ
講 師: 河辺伸二(名古屋工業大学)
谷田真(名城大学)
家成俊勝(dot architects)

宇野勇治(愛知産業大学)

水野太史(水野製陶園ラボ)
佐藤布武(名城大学)コーディネーター
会 場: 名古屋市立大学 大講義室(予定)オンライン開催になった場合はzoomによるオンライン会場
参加費: 無料
定 員: 300名
詳 細: http://tokai.aij.or.jp/
連絡先: 日本建築学会東海支部事務局・大木
TEL: 052-201-3088

2/24 海外展開知財支援セミナー

詳細を表示

日 付: 2022年2月24日(木) [申込締切]2022年2月15日(火)17:00
時 間: 14:00~16:40
テーマ: 効率的・効果的な外国出願及び模倣品対策で海外展開リスク削減
内 容: 講演1 国際出願戦略 ~中小企業のための効率的・効果的な権利取得~
講演2 模倣品対策の“今” ~被害にあった場合の処方箋~
講演3 経済安全保障に関する動向と被害実態 ~技術情報等の流出防止~
講 師: 講演1 独立行政法人工業所有権情報・研修館 海外知的財産プロデューサー 柳生 一史 氏
講演2 特許庁総務部国際協力課模倣品対策室長 新田 稔 氏
特許庁総務部普及支援課支援企画第一係長 楢原 龍史 氏
講演3 愛知県警察本部警備部外事課 課長補佐 井上 尚己 氏
会 場: オンライン開催(Cisco Webex Meetings)
参加費: 無料
定 員: 80名
詳 細: https://www.pref.aichi.jp/site/aichi-chizai/kaigai2021.html
連絡先: 愛知県経済産業局産業部産業科学技術課 小林
TEL: 052-954-6370

2/26 2021年度 豊橋市生涯学習市民大学トラム豊橋技術科学大学連携講座「近未来の住まい・暮らし・街づくり」

詳細を表示

日 付: 2022年2月26日 [申込締切]2022年2月19日
時 間: 10:00~11:30
テーマ: 道・広場から暮らしの豊かさを考える
講 師: 小野  悠 准教授
(建築・都市システム学系)
会 場: 豊橋技術科学大学図書館
サテライト会場 豊橋市22地区市民館
オンライン配信
参加費: 無料
定 員: 対面20名
サテライト会場 各20名
オンライン80名
詳 細: https://www.tut.ac.jp/cooperation/ecourse.html
連絡先: 豊橋技術科学大学
研究支援課地域連携係
TEL: 0532-44-6569

2/28 2021年度第1回AichiSRシンクロトロン光産業利用セミナー

詳細を表示

日 付: 令和4年2月28日(月)
時 間: 13:30-16:55
会 場: ウインクあいち1006会議室
参加費: 無料(意見交換会参加者は会費(1,000円)を徴収)
定 員: 会場25名、WEB100名
詳 細: https://www.aichisr.jp/events/event_kosyukai/2021/seminar1.html
連絡先: あいちシンクトロン光センター 産業利用コーディネータ 0561-76-8330

3/1-3/4 ものづくり支援講座「産業用ロボット作業者特別教育」

詳細を表示

日 付: 2022年3月1日~3月4日 [申込締切]2022年2月15日
時 間: 9:10~17:00
テーマ: 産業用ロボット作業者特別教育(3月期)
内 容: 【学科】
◆3月1日 
・9:10~14:10 
産業用ロボットに関する知識
・14:15~16:45
教示等の作業に関する知識
◆3月2日
・9:10~10:40
教示等の作業に関する知識
・10:45~15:45
検査等の作業に関する知識
・15:50~16:50 
労働安全衛生法・施行令等の関係法令 
【実技】 
◆3月3日または4日
・9:30~17:00
産業用ロボットの操作の方法 
産業用ロボットの教示等の作業の方法 
産業用ロボットの検査等の作業の方法
まとめ及び修了式
講 師: 技術士事務所”ロボティ” 所長 稲垣 荘司 氏 他
会 場: 【学科教育】名古屋市工業研究所 会議室           【実技教育】三菱電機(株)FAコミュニケーションセンター
参加費: 賛助員(共催、協賛会員も含む)34,980円         一般 40,480円
(税込)
定 員: 30名
詳 細: https://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/index.html
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

3/5 2021年度 豊橋市生涯学習市民大学トラム豊橋技術科学大学連携講座「近未来の住まい・暮らし・街づくり」

詳細を表示

日 付: 2022年3月5日 [申込締切]2022年3月5日
時 間: 10:00~11:30
テーマ: 豊橋を事例に考える、人口減少時代の都市のかたち
講 師: 浅野  純一郎 教授
(建築・都市システム学系)
会 場: 豊橋技術科学大学図書館
サテライト会場 豊橋市22地区市民館
オンライン配信
参加費: 無料
定 員: 対面20名
サテライト会場 各20名
オンライン80名
詳 細: https://www.tut.ac.jp/cooperation/ecourse.html
連絡先: 豊橋技術科学大学
研究支援課地域連携係
TEL: 0532-44-6569