Aichi Science and Technology Foundation

​新着情報詳細

「最新デジタル技術活用個別相談会」の参加者を募集しました!

AIやディープラーニングなどの技術を活用した新しいサービスや商品の開発を支援するため、会社が抱える課題を専門家に相談し、アドバイスを受けられる個別相談会を開催します。  ※ 詳しくは、パンフレットをご覧ください。  

最新デジタル技術活用WS 参加者募集チラシ
.pdf
Download PDF • 293KB

開催期間

 2021年9月~2022年1月(1回1時間程度)  ※ 日時は、お申し込み時にご相談の上、決定します。

開催方式

 ビデオ会議システム「Microsoft Teams」を用いたオンライン会議  ※ 相談内容、コーディネーターの判断等により、訪問させていただく場合もございます。

コーディネーター

 神谷 幸宏 氏  (ICTテクノポリス研究所 所長/愛知県立大学 情報科学部 准教授)

定員

 10社程度(先着順)

申込方法

 件名に【相談会参加希望】と記載の上、①氏名、②組織名・役職名、③Eメールアドレス、④電話番号、⑤希望日時(第1希望から第3希望まで) をご記入の上、申込み先までEメールにてお申し込みください。相談日時についてコーディネーターと調整の上、後日事務局よりご連絡させていただきます。

セミナー・ワークショップ・相談会 共通

参加費

 無料

主催

 公益財団法人科学技術交流財団

申し込み・お問合せ先

 「最新デジタル技術活用セミナー・ワークショップ・相談会」運営事務局(株式会社ディレクターズ内)電話:090-2929-2271(平日10:00~17:00) E-mail:dx@director-s.com ※ 本事業は、経済産業省 地域新成長産業創出促進事業費補助金(地域産業デジタル化支援事業)を活用して実施します。   科学技術交流財団「地域産業デジタル化支援事業」のページ

関連記事

すべて表示

「トヨタ生産方式」に代表される日本の製造現場で培われた高度な生産管理手法をベースに、IoTを活用した現場改善の「7つのムダ」排除の手法を解説し、実際の改善事例を工場見学により現地現物で確認するとともに、工場IoT構築において重要となるPLCからのデータ収集をITツール(ラズベリーパイ)により開発する流れを体験実習していただきます。本セミナーは下記の3回に分けて実施します。 【第1回】 開催日時:令

令和4年度「共同研究推進事業」では、以下の4件を実施します。 新しい信号解析法ARSを用いた工具予兆保全システムの開発 統括研究者 愛知県立大学 情報科学部 准教授 神谷幸宏 共同研究機関 愛知県立大学、株式会社常盤製作所 研究期間 令和4~5年度 研究開発の要約 本研究は,愛知県立大学で開発された,時間・周波数で高い分解能を持つ新しい信号解析法ARSを用いて工具の予兆保全システムの確立を目指す。

一部の研究会ではメンバーを公募しています。 研究会の一覧よりご確認のうえ、専用フォームへ入力いただくと事務局より参画の可否をお知らせします。 令和4年度研究会テーマ一覧(活動期間:令和4~5年度) https://www.astf.or.jp/post/ken-topic3 令和3年度研究会テーマ一覧(活動期間:令和3~4年度) https://www.astf.or.jp/post/ken-to