top of page

Aichi Science and Technology Foundation

​新着情報詳細

「脱炭素という嵐の中で」ハイブリッドセミナーを開催します


研究交流クラブ 第223回定例会 (ハイブリッドセミナー) 脱炭素という嵐の中で 日時:令和5年2月16日(木)14:00~17:00

形態:ハイブリッドセミナー(会場+オンライン、いずれも参加無料) 会場 :「知の拠点あいち」あいち産業科学技術総合センター

     (豊田市八草町秋合1267番1)


詳細・お申込みはこちらから↓


関連記事

すべて表示

令和6年度「産学協創チャレンジ研究開発事業(共同研究型)」で実施する研究開発課題が決まりました。

令和6年度「産学協創チャレンジ研究開発事業(共同研究型)」では、下記の研究開発課題を実施します。(4件) 負熱膨張性真球微粒子の創製(新規採択課題) 統括研究者 名古屋大学大学院工学研究科 教授 竹中 康司 共同研究機関 名古屋大学、株式会社ミサリオ 研究期間 令和6~7年度 研究開発の要約 名古屋大学で開発された「温めると縮む」負熱膨張の性質を示すピロリン酸亜鉛マグネシウムZn₂-xMgxP₂O

「モノづくり企業における生成AI活用事例業務に関する技術提供・コンサルタント業務」委託先を公募します。

募集概要 愛知県内の製造業の技術者等が新たな知識創造を進め、生成AI導入を促進し、モノづくり企業における事例づくりを行い、その成果をもとに、交流会において発表する。 提出期限 令和6年6月28日(金)午後5時必着 提出方法 メール、郵送(配達証明に限る)、あるいは持参 募集要領 仕様書 3者契約様式 参考資料 問合せ先 公益財団法人科学技術交流財団 業務部 久保田・鹿野 電 話:0561-76-8

【募集は終了しました】「モノづくり企業における生成AI活用勉強会・企画書作成等アドバイザー」業務委託先を公募します。

事業の目的 令和6年度から新設の知識創造型交流事業は、先進的なモノづくり企業で活用が進む、「IoT」「AI」の実績を踏まえつつ、今できる「生成AIの活用」、将来期待できる「生成AIの活用」について、ともに学び、ともに交流する機会を設け、愛知県内の製造業の技術者等が新たな知識創造し、愛知県のモノづくりの一層の発展に貢献することを目的としています。 募集概要 中小企業1社では対応困難な特定の社会課題や

Comments


bottom of page