top of page

Aichi Science and Technology Foundation

​新着情報詳細

当財団が一般社団法人機械振興協会の第57回機械振興賞(支援活動)中小企業基盤整備機構理事長賞を受賞しました。

 当財団は、一般社団法人機械振興協会(会長釜和明 IHI会長)が優れた開発や実用化、開発の支援活動を通じて、わが国機械産業技術の発展に著しく寄与した企業・大学・研究機関・支援機関を表彰する第57回機械振興賞(支援活動)中小企業基盤整備機構理事長賞を受賞しました。なお、令和5年2月21日に表彰式が開催される予定です。


<受賞概要>

○ 業績の題目 

産学行政連携による共同研究開発の支援活動

○ 申請者

(公財)科学技術交流財団

○ 内容

重点研究プロジェクトⅠ期からⅢ期までの研究開発マネジメントとその成果


 詳しくは下記サイトをご覧ください。

http://www.jspmi.or.jp/system/info.php?buid=4&iid=350




関連記事

すべて表示

本事業は、⽂部科学省「平成30年度地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」に採択され、2018年9月より5年間実施しました。 本事業は、公益財団法人科学技術交流財団に事業プロデュースチームを設置し、名古屋大学及び名古屋工業大学が保有するコア技術(アトム窒化技術、超音波振動切削技術、レーザによる工具刃先鋭利化(PLG®)技術)を統合・深化させ、微細・超精密な革新的加工技術を創出するとともに、

概要 (1)目的 地域の中堅・中小企業のニーズを具現化するため、大学・企業等の研究シーズ活用により革新的な 製品・製造技術を開発、実用化・事業化することを目的とした、地域中堅・中小企業と大学等の 「共同研究体」の実施する研究開発課題に対し、研究委託します。 (2)研究期間と研究委託費 ①研究期間:2年間(単年度契約(契約日~翌年2月末)×2年間) ※初年度終了時に中間評価を行い、研究継続実施を判断

bottom of page