Aichi Science and Technology Foundation

​新着情報詳細

「バーコード、RFIDを用いた製造現場を流れるモノ管理のIoT実践セミナー」の参加者を募集します。

 高度な技術ですばらしい製品を作っていても、物流や受注、発注、生産指示など間接的な業務でモノづくり全体の効率を下げていることはありませんか? このセミナーでは、工場内物流をカイゼンするIoTについて、現場技術者が実際に取り組むための知識を習得していただきます。

 本セミナーには、「座学コース(概要編)」と「座学+体験実習コース(ラズパイ編)」の2つのコースがあります。いずれかを選んで受講してください。


【座学コース(概要編)】

   開催日時:令和5年1月23日(月)10:00~17:00

   開催場所:「知の拠点あいち」講習会室又はオンライン

   実施内容:講演「物流業務効率化における課題とIoT活用のポイント」

    1.物流業務における課題

    2.物流業務のあるべき姿

    3.IoT(Internet of Things)とは?

    4.販売物流におけるIoT活用

    5.構内物流におけるIoT活用

    6.調達物流におけるIoT活用

    7.物流業務のIoT化よる効果


【座学+体験実習コース(概要編+ラズパイ編)】

 (1日目)

  「座学コース(概要編)」と同時開催

    令和5年1月23(月)10:00~17:00、「知の拠点あいち」講習会室又はオンライン

 (2日目)

   開催日時:令和5年2月10日(金)10:00~17:00

   開催場所:「知の拠点あいち」講習会室

   実施内容:IoTによる物流業務効率化の体験学習

    1.実習① ラズベリーパイ×バーコードリーダを活用した物流業務効率化

    2.実習② ラズベリーパイ×画像認識を活用した物流業務効率化

    3.事例紹介 RFIDを活用した物流業務効率化事例の紹介


会場定員:各コースとも20名


申込方法

  下記の入力フォームからお申込みください。

   「バーコード、RFIDを用いた製造現場を流れるモノ管理のIoT実践セミナー」参加申込フォーム

  メールでのお申込みも可能です(chusyo[at]astf.or.jp) ←[at]を@に変換

   メール件名:物流IoTセミナー申込み

   記載項目 :会社名(住所)、所属、氏名、TEL


申込期限:1月16日(月)


参加費:

 「座学コース」      一般: 5,000円、会員:3,000円

 「座学+体験実習コース」 一般:15,000円、会員:9,000円

  ※会員とは、研究交流クラブの会員または愛知工研協会の会員です。


お問合せ先:0561-76-8325

  (公財)科学技術交流財団 業務部 先進技術活用セミナー事務局

物流IoT開催案内
.pdf
Download PDF • 524KB

関連記事

すべて表示

CFRPの最新情報を提供するため様々な分野の講師をお招きし、「先進技術活用セミナー(CFRP)」を開催します。セミナーには、会場とオンラインのどちらで参加いただいても結構です。また、*のついた講演については、オンデマンド配信しますので当日参加できなかった場合でも視聴が可能です。 【第1回セミナー】(終了:オンデマンド配信中) 令和4年9月8日(木) 13:30~ オンライン及び会場(知の拠点あいち

愛知県及び公益財団法人科学技術交流財団では、大学等の研究シーズを活用したオープンイノベーションにより、県内主要産業が有する課題の解決を目指す産学行政連携の研究開発プロジェクト「知の拠点あいち重点研究プロジェクトⅣ期」を本年8月に開始しました。 この度、産業界及び一般県民の方々などに本プロジェクトを紹介するため、「『知の拠点あいち重点研究プロジェクトⅣ期』キックオフセミナー」を会場及びオンライン形式