Aichi Science and Technology Foundation

​新着情報詳細

科学技術交流ニュース 2022年春季号 を発行しました。

Vol.27 No.3 2022年 春季号
  • 発見!地域の小さな巨人企業/ティビーアール株式会社/地球を結ぶ、未来へ結ぶ、夢と感動を世界へ

  • 戦略的基盤技術高度化支援事業/

- 鍛造による管の増肉・軸成形技術の確立とそれを活用した高機能・高圧配管締結技術である溶接レス「MKジョイント」の開発

- 離型剤の効率的塗布可能なポーラス形状部を金属3Dプリンタで実現する高生産性・長寿命ダイカスト金型の開発

  • 技術経営(MOT)研修/

- 基礎コース「MOTを知る! ~新事業企画のエッセンスはこれで~」

- 実践コース「MOTを使う! ~MOTマーケティングの実践道場~」

  • 分野別研究会/炭素繊維応用技術研究会

  • 研究交流クラブ/

- 第208回定例会:中小企業のためのデジタル技術活用セミナー

- 特別会:オープンイノベーションとデジタルトランスフォーメーション

- 第209回定例会:イノベーションで未来に挑戦 ~次世代成長産業の創造~

- 第210回定例会:GPUが拓くDX、AIを活用した社会 ~スーパーコンピューターで性能を培った革新的プロセッサ~

  • RISING STAR/あいちシンクロトロン光センター -新星の断層-


※ 過去の情報誌はデジタルアーカイブ(WEB叢書)にあります。


関連記事

すべて表示

「トヨタ生産方式」に代表される日本の製造現場で培われた高度な生産管理手法をベースに、IoTを活用した現場改善の「7つのムダ」排除の手法を解説し、実際の改善事例を工場見学により現地現物で確認するとともに、工場IoT構築において重要となるPLCからのデータ収集をITツール(ラズベリーパイ)により開発する流れを体験実習していただきます。本セミナーは下記の3回に分けて実施します。 【第1回】 開催日時:令

令和4年度「共同研究推進事業」では、以下の4件を実施します。 新しい信号解析法ARSを用いた工具予兆保全システムの開発 統括研究者 愛知県立大学 情報科学部 准教授 神谷幸宏 共同研究機関 愛知県立大学、株式会社常盤製作所 研究期間 令和4~5年度 研究開発の要約 本研究は,愛知県立大学で開発された,時間・周波数で高い分解能を持つ新しい信号解析法ARSを用いて工具の予兆保全システムの確立を目指す。

一部の研究会ではメンバーを公募しています。 研究会の一覧よりご確認のうえ、専用フォームへ入力いただくと事務局より参画の可否をお知らせします。 令和4年度研究会テーマ一覧(活動期間:令和4~5年度) https://www.astf.or.jp/post/ken-topic3 令和3年度研究会テーマ一覧(活動期間:令和3~4年度) https://www.astf.or.jp/post/ken-to