Aichi Science and Technology Foundation

​新着情報詳細

ウェブサイトリニューアルのお知らせ

平素より、公益財団法人科学技術交流財団のウェブサイトをご利用いただき誠にありがとうございます。 2022年3月11日よりウェブサイトをリニューアルしましたので、お知らせします。 今回のリニューアルでは、ご利用される皆様にとって、より情報が探しやすいよう構成やデザインを全面的に刷新しました。 リニューアルにともない、各サイトのURLが変更になっている場合もございますので、ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいページのURLへの登録変更をお願いできますと幸いです。 当財団では引き続きご利用の皆様のお役に立つ情報の提供や、内容の充実に努めてまいります。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 


なお、研究交流クラブ会員専用サイトは新年度からの運用となります





関連記事

すべて表示

「トヨタ生産方式」に代表される日本の製造現場で培われた高度な生産管理手法をベースに、IoTを活用した現場改善の「7つのムダ」排除の手法を解説し、実際の改善事例を工場見学により現地現物で確認するとともに、工場IoT構築において重要となるPLCからのデータ収集をITツール(ラズベリーパイ)により開発する流れを体験実習していただきます。本セミナーは下記の3回に分けて実施します。 【第1回】 開催日時:令

令和4年度「共同研究推進事業」では、以下の4件を実施します。 新しい信号解析法ARSを用いた工具予兆保全システムの開発 統括研究者 愛知県立大学 情報科学部 准教授 神谷幸宏 共同研究機関 愛知県立大学、株式会社常盤製作所 研究期間 令和4~5年度 研究開発の要約 本研究は,愛知県立大学で開発された,時間・周波数で高い分解能を持つ新しい信号解析法ARSを用いて工具の予兆保全システムの確立を目指す。

一部の研究会ではメンバーを公募しています。 研究会の一覧よりご確認のうえ、専用フォームへ入力いただくと事務局より参画の可否をお知らせします。 令和4年度研究会テーマ一覧(活動期間:令和4~5年度) https://www.astf.or.jp/post/ken-topic3 令和3年度研究会テーマ一覧(活動期間:令和3~4年度) https://www.astf.or.jp/post/ken-to