top of page

Aichi Science and Technology Foundation

​新着情報詳細

【募集は終了しました】令和6年度「産学協創チャレンジ研究開発(大学シーズ型)」の課題を募集します。(4月8日から受付)



募集する課題

県内の大学等が、中堅・中小企業の要望に対応し研究シーズをより実用化へ近づけるための研究開発課題であり、大学等が申請する課題。


応募資格

以下の条件をすべて満たすこと

①主たる研究開発実施場所を愛知県内に有する大学等であること。

②本事業の委託契約書および実施要領を遵守できること。

※大学等:大学、高等専門学校、大学共同利用機関、独立行政法人と、国及び地方公共団体の試験研究機関


研究期間

委託契約日(令和6年7月初旬を予定)~令和7年2月28日


研究委託費

1件当り110万円以内(税込み)


採択予定件数

産学協創チャレンジ研究開発事業(大学シーズ型及び、企業ニーズ型の合計)で8件程度

募集要項と応募書類様式

募集内容の詳細は、募集要項をご覧ください。

募集要項、応募書類様式等をダウンロードしてお使いください。

R6【募集資料】 大学シーズ型(一式)
.zip
ダウンロード:ZIP • 1.22MB

募集期間

令和6年4月8日(月)~ 5月20日(月)午後5時まで


【お問い合わせ先】

公益財団法人科学技術交流財団 業務部 科学技術コーディネータ 山本、田尻

TEL: 0561-76-8325, e-mail: challenge[at] astf.or.jp





関連記事

すべて表示

令和6年度「産学協創チャレンジ研究開発事業(共同研究型)」で実施する研究開発課題が決まりました。

令和6年度「産学協創チャレンジ研究開発事業(共同研究型)」では、下記の研究開発課題を実施します。(4件) 負熱膨張性真球微粒子の創製(新規採択課題) 統括研究者 名古屋大学大学院工学研究科 教授 竹中 康司 共同研究機関 名古屋大学、株式会社ミサリオ 研究期間 令和6~7年度 研究開発の要約 名古屋大学で開発された「温めると縮む」負熱膨張の性質を示すピロリン酸亜鉛マグネシウムZn₂-xMgxP₂O

令和5年度「産学協創チャレンジ研究開発推進事業」の実施課題が決まりました。

(ニーズ対応FS 型) 腹囲フィードバックベルトを基盤としたICT持続的健康支援ツールの研究開発 代表研究者 株式会社松本義肢製作所 企画事業部 部長 宮川 拓也 研究開発の要約 要支援の主な原因である変形性膝関節症(膝OA)は、中高齢者の罹患率が高く、膝OA予防は介護予防のまさに第一段階と考えられている。膝OAの悪化要因であるO脚方向への負荷を減少させる歩行様式として、お腹を凹ませて体幹深部筋を

Comments


bottom of page