top of page

Aichi Science and Technology Foundation

​新着情報詳細

令和6年度「産学協創チャレンジ研究開発(企業ニーズ型)」の課題を募集します。(4月8日から受付)




募集する課題

県内の中堅・中小企業が、自社の課題解決や製品化を図るため、大学等の研究シーズを活用できるか見極めるための第一歩となる研究開発課題であり、企業が申請する課題。


応募資格

以下の条件をすべて満たすこと

①主たる研究開発実施場所を愛知県内に有する中堅企業または中小企業であること。

②本事業の委託契約書および実施要領を遵守できること。

※中堅企業または中小企業:資本金 10 億円以下または単体で従業員数 2,000 人以下の製造業、 ソフトウエア業、情報処理サービス業


研究期間

委託契約日(令和6年7月初旬を予定)~令和7年2月28日


研究委託費

1件当り110万円以内(税込み)


採択予定件数

産学協創チャレンジ研究開発事業(大学シーズ型及び、企業ニーズ型の合計)で8件程度

募集要項と応募書類様式

募集内容の詳細は、募集要項をご覧ください。

応募書類(一式)をダウンロードしてお使いください。

R6【募集資料】 企業ニーズ型(一式)
.zip
Download ZIP • 1.24MB

募集期間

令和6年4月8日(月)~ 5月20日(月)午後5時まで


【お問い合わせ先】

公益財団法人科学技術交流財団 業務部 科学技術コーディネータ 山本、田尻

TEL: 0561-76-8326, e-mail: challenge[at]astf.or.jp




関連記事

すべて表示

「モノづくり企業における生成AI活用勉強会・企画書作成等アドバイザー」業務委託先を公募します。

事業の目的 令和6年度から新設の知識創造型交流事業は、先進的なモノづくり企業で活用が進む、「IoT」「AI」の実績を踏まえつつ、今できる「生成AIの活用」、将来期待できる「生成AIの活用」について、ともに学び、ともに交流する機会を設け、愛知県内の製造業の技術者等が新たな知識創造し、愛知県のモノづくりの一層の発展に貢献することを目的としています。 募集概要 中小企業1社では対応困難な特定の社会課題や

Comments


bottom of page