top of page

Aichi Science and Technology Foundation

​新着情報詳細

令和5年度「研究会プラス」の募集は終了しました(ご応募ありがとうございました)

 研究会プラスは、科学技術交流財団が実施する研究会活動をさらに活発にさせ、次のステップ(競争的資金獲得等)に繋げることを目的として実施します。


応募資格

①研究会として採択され、現に活動中の座長であること

②同一年複数応募は不可


活動期間

採択日から令和6年2月29日(木)まで

   ※発注から納品・検収まで、この期間内に済ませること


予算額

1研究会あたり(上限)30万円以内


採択予定件数

5件程度

募集要項

募集内容の詳細は、募集要項をご覧ください。

R5研究会プラス_募集要項
.pdf
ダウンロード:PDF • 238KB

応募フォーム


募集期間

令和5年12月5日(火)~ 12月12日(火)まで


問い合わせ先

公益財団法人科学技術交流財団 業務部 研究交流G

TEL: 0561-76-8325, e-mail: kenkyu [at] astf.or.jp




関連記事

すべて表示

令和5年度研究会の採択テーマが決まりました。

一部の研究会ではメンバーを公募しているテーマもありますので、専用フォームへ入力いただければ、事務局より参画の可否をお知らせします。 ブルー燃料の生産および利用に関する研究 座長 岐阜大工学部機械工学科 特任教授/愛知工業大学 総合技術研究所 客員教授 板谷 義紀 研究会の概要 ゼロカーボン社会を目指す上で、過渡的な化石資源の有効利用は不可避である。本会は産学官のメンバーにより「ブルー水素」ならびに

研究会ではメンバーを募集中です。

一部の研究会ではメンバーを公募しています。 研究会の一覧よりご確認のうえ、専用フォームへ入力いただくと事務局より参画の可否をお知らせします。 令和5年度研究会テーマ一覧(活動期間:令和5~6年度) https://www.astf.or.jp/post/ken-topic5

Comments


bottom of page