top of page

Aichi Science and Technology Foundation

​新着情報詳細

令和5年度「産学協創チャレンジ研究開発(ニーズ対応FS型)」の課題を募集します。(募集は終了しました。)



募集する課題

県内の中堅・中小企業が、1 社又は複数社で自社の課題解決や製品化を図るため、大学等の研究シーズを活用できるか見極めるための第一歩となる研究開発課題であり、企業が申請する課題。


応募資格

以下の条件をすべて満たすこと

①主たる研究開発実施場所を愛知県内に有する中堅企業または中小企業であること。

②本事業の委託契約書および実施要領を遵守できること。

※中堅企業または中小企業:資本金 10 億円以下または単体で従業員数 2,000 人以下の製造業、 ソフトウエア業、情報処理サービス業


研究期間

委託契約日(令和5年7月初旬を予定)~令和6年2月29日


研究委託費

1件当り150万円程度


採択予定件数

産学協創チャレンジ研究開発事業(シーズ育成型及び、ニーズ対応FS 型の合計)で5件程度

募集要項と応募書類様式

募集内容の詳細は、募集要項をご覧ください。

応募書類(一式)をダウンロードしてお使いください。

企業向けニーズ対応FS応募書類(一式)
.zip
ダウンロード:ZIP • 506KB

募集期間

令和5年4月3日(月)~ 5月22日(月)午後5時まで


【お問い合わせ先】

公益財団法人科学技術交流財団 業務部 科学技術コーディネータ 山本昌治

TEL: 0561-76-8326, e-mail: m-yamamoto[at]astf.or.jp




関連記事

すべて表示

令和6年度「産学協創チャレンジ研究開発事業(共同研究型)」で実施する研究開発課題が決まりました。

令和6年度「産学協創チャレンジ研究開発事業(共同研究型)」では、下記の研究開発課題を実施します。(4件) 負熱膨張性真球微粒子の創製(新規採択課題) 統括研究者 名古屋大学大学院工学研究科 教授 竹中 康司 共同研究機関 名古屋大学、株式会社ミサリオ 研究期間 令和6~7年度 研究開発の要約 名古屋大学で開発された「温めると縮む」負熱膨張の性質を示すピロリン酸亜鉛マグネシウムZn₂-xMgxP₂O

Comments


bottom of page