Aichi Science and Technology Foundation

​新着情報詳細

中部経済産業局補助事業「地域産業デジタル化支援事業」を実施します

事業概要

 当財団は、経済産業省の地域新成長産業創出促進事業費補助金(地域産業デジタル化支援事業)に応募し採択されましたので、以下のとおり事業を実施しています。


〇事 業 名

地域産業デジタル化支援事業

―デジタル技術と新素材による部品産業の新ビジネスモデル構築支援―

〇実施体制

事業管理機関:科学技術交流財団、

   実証企業:株式会社INUI(愛知県常滑市)、新光硝子工業株式会社(富山県砺波市)

〇事業期間

令和3年6月10日から令和4年3月31日まで

〇プロジェクト概要

 ①ビジネスモデル実証支援

デジタル技術と新素材を活用した商品・サービスの高度化、高収益化を図るため、2種類のビジネスモデル構築事業実証を支援する。

 ②ビジネスモデル実証予備群の発掘

ビジネスモデル開発に関する専門家との個別相談会やデジタル企業とのマッチング会を設け、ビジネスモデル開発の方向性について助言することにより新規企業を発掘する。

 ③事例整理・普及

全国のモノづくり企業において新しいビジネスモデルを開発事例を集め、財団ホームページや次年度にセミナー等で公開するとともに、「モノづくり企業のビジネスモデル開発セミナー」や「最新デジタル技術活用セミナー」、「最新デジタル技術活用相談会」、「AI・ディープラーニングがわかる最新デジタル技術実践講座」等の普及事業を実施する。

事業概要図
ビジネスモデル実証企業
公開セミナー等

【関連ページ】

  IoT・AI活用支援


【問い合わせ先】

 (公財)科学技術交流財団 業務部 中小企業課(TEL:0561-76-8326)


関連記事

すべて表示

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、テレワークなどデジタル化の検討や導入が進む一方で、中堅・中小企業の製造現場においては、デジタル技術を活用した業務の見える化、機械化、自動化のみならず、サプライチェーンのデジタル化のニーズも高まっています。さらに、「ポストコロナ」時代に向けては、既存の枠組みを変革し新たな価値を生み出す、デジタルトランスフォーメーション(DX)を改めて強く迫られていると感じていま

DX化が推進できなかった場合の経済的損失、および発生するリスクを指して”2025年の壁”と言われています。製造業の開発・品質管理の現場においても、個別管理による死蔵データ、データ管理システムの分散や専門社員の退職などによりブラックボックス化が進んでいます。DXの必要性を理解しているものの、どこから着手して良いか悩んでいる企業も多いと思われます。そこで、「モノづくり企業のDX推進セミナー」を開催し、

IoT開発を手軽に体験できるツールとして注目を浴びている「ラズベリーパイ(ラズパイ)」。これを用いて機械学習を体験していただく全4回のワークショップを開催しました。  ※ 募集内容について、詳しくはパンフレットをご覧ください。 日時 ① 2021年11月19日(金) 13:00~16:00     「ラズパイを使って機械学習の基礎にチャレンジ」  ② 2021年11月26日(金) 13:0