top of page

Aichi Science and Technology Foundation

​新着情報詳細

令和4年度「企業連携技術開発支援事業」の実施課題が決まりました。

令和4年度「企業連携技術開発支援事業」では、以下の3件を実施します。


高強度・高靭性で薄肉・軽量な建設用パネルの開発

コア企業

協力企業

友松工業株式会社

支援機関

名城大学

事業目的

高強度繊維補強モルタルを用いた高強度・高靭性で薄肉・軽量な建設用パネルの製造を早急に実現するため、プレキャストメーカーが保有している既存のプラントを用いての安定した高品質の生産体制を確立し、日本の建築構造物の強靭化に寄与する。

 

店舗推薦システムを搭載したIoTパラソルの試作

コア企業

協力企業

合資会社オークリエイト

支援機関

愛知工科大学

事業目的

商店街におけるアパレルショップの売上向上と来訪者に好みのグッズを販売している店舗を素早く見つける便益を提供するため、協力機関の愛知工科大学が開発したアルゴリズムを用いた「店舗推薦システム」の実用化を目指す。この目的を実現するため、本事業では、商店街の休憩スペースに配置する設備として、「店舗推薦システム」を組み込んだIoTパラソルを試作し、商店街と連携し「店舗推薦システム」の運用に必要な各種データ収集し、その動作を検証する。

 

後付けで安価なIoTスマートファクトリーの試作

コア企業

協力企業

株式会社ファインヴェルク

事業目的

中小企業でも導入可能な後付けで安価なスマートファクトリーを実現するためのIoT装置「IoTスマートファクトリー」を開発する。

 

関連ページ


関連記事

すべて表示

令和6年度「産学協創チャレンジ研究開発事業(共同研究型)」で実施する研究開発課題が決まりました。

令和6年度「産学協創チャレンジ研究開発事業(共同研究型)」では、下記の研究開発課題を実施します。(4件) 負熱膨張性真球微粒子の創製(新規採択課題) 統括研究者 名古屋大学大学院工学研究科 教授 竹中 康司 共同研究機関 名古屋大学、株式会社ミサリオ 研究期間 令和6~7年度 研究開発の要約 名古屋大学で開発された「温めると縮む」負熱膨張の性質を示すピロリン酸亜鉛マグネシウムZn₂-xMgxP₂O

Comments


bottom of page