top of page

Aichi Science and Technology Foundation

​新着情報詳細

【終了しました】愛知県つながる工場テストベッド「第1回IoTシステム構築研修会」の参加者を募集します!

 あいち産業科学技術総合センター産業技術センター(刈谷市)では、(国研)産業技術総合研究所との共同研究「愛知県地域企業等へのIoT導入強化に関する研究(つながる工場テストベッド事業)」に取り組み、「IoTが見える、試せる環境」(テストベッド)を構築し、企業のIoT活用を支援しています。

 本研修会では、本事業で開発を進めている、安価に、手軽に、IoTシステムを構築できる「IoT化支援ツール」を使って、稼働状態の「見える化」や「データ活用」など、”自前IoT”の構築を体験していただきます。

IoT活用に関心のある皆様、ぜひご参加ください。


1 日時

【1日目】2023年10月24日(火) 10:00~16:00

【2日目】2023年10月31日(火) 10:00~16:00

2 会場

 愛知県技術開発交流センター 2階 研修室3

(刈谷市恩田町一丁目157-1(産業技術センター内))

3 対象

  IoT活用に関心のある県内企業等の方。

4 プログラム

【1日目】

・「MZプラットフォーム・スマート製造ツールキット」によるIoTシステムの構築

・センサとカメラによる稼働状況の遠隔モニタリングの実践 【見える化】

「MZプラットフォーム・スマート製造ツールキット」は、高度なスキルなしで工場のIoT化を実現するために(国研)産業技術総合研究所が研究開発しているものです。これをベースに開発を進めている「IoT化支援ツール」を利用して、基本的なIoTシステムを構築していただきます。併せて、本ツールにより、照度センサでランプの点灯を検知して判定する方法、カメラ画像を遠隔地から確認して保存する方法を体験していただきます。

【2日目】

・センサデータの取得とAIによる異常検知、画像分類の実践 【データ活用】

「IoT化支援ツール」を利用して、加速度センサの値を取得する方法、取得したデータを利用して異常検知する方法(時系列データに対する再帰型ニューラルネットワークの設計とRaspberry Piへの実装)を体験していただきます。また、AI画像分類(畳み込みニューラルネットワークの設計と実装)に取り組んでいただきます。

○講 師  あいち産業科学技術総合センター 産業技術センター 職員


  詳しくは、以下のチラシを御覧ください。

第1回IoTシステム構築研修会(愛知県つながる工場テストベッド)
.pdf
ダウンロード:PDF • 220KB

5 定員   10社(申込先着順)

※1社2名まで参加可能です。ただし、提供する機材は1社1セットとさせていただきます。


6 参加費   無料


7 その他 

  • PC(Windows10以上)をご持参ください。PCには、事前に「MZプラットフォーム」((国研)産業技術総合研究所が提供するソフトウェア開発ツール。会員登録必要で、登録は無料。)と「Neural Network Console」((株)ソニーネットワークコミュニケーションズが提供するWindowsアプリ)をインストールしていただきます。(以上、参加申込いただいた後、インストール方法などをご案内いたします。)

  • 2日間のご参加をお勧めしますが、1日目の参加のみでも受け付けます。昼食は各自でご用意ください。



8 申込方法

 以下のURLの緑色「申込ボタン」、又は、E-mail、FAXで申込みください。

9 申込期限 

 2023年10月17日(火)午後5時 (定員になり次第締め切らせていただきます


10 問合せ先

 あいち産業科学技術総合センター 産業技術センター

 自動車・機械技術室  木村、平出、島津、小久保

 電話:0566-45-6905 E-mail:testbed_aichi@aichi-inst.jp

関連記事

すべて表示

「先進技術活用セミナー(CFRP)」の参加者を募集します。

炭素繊維複合材料(CFRP)は、金属等の競合材料と比較して圧倒的な軽量化が実現できるため、自動車をはじめとする幅広い産業分野での需要が増加しています。CFRP技術は地域の中小ものづくり企業から大変注目されています。 本年度の「先進技術活用セミナー(CFRP)」は全3回の予定で開催し、会場あるいはオンラインにて参加いただけますので、ご関心のある皆様は、ぜひ、ご参加ください。 【第1回】 開催日時:令

【終了しました】「バーコード、RFIDを用いたIoT実践セミナー」の参加者を募集します。

このセミナーでは製造現場の特に物流業務(構内物流、販売物流、調達物流)の効率化のポイントと、そのためのIoT活用方法について解説します。また、バーコードやRFタグを活用して、ラズベリーパイによる物流業務効率化を実現する方法や知識を体験学習(実習)により習得していただきます。 合わせて、実際にバーコードを活用して手作業を効率化されている中小企業の工場見学を実施します。 なお、ご参加に当たりましてプロ

Comments


bottom of page