top of page

Aichi Science and Technology Foundation

​新着情報詳細

令和4年度 育成試験&企業連携技術開発支援事業 合同成果発表会をWEB開催します


 当財団では、大学等の技術シーズを活用して企業の新製品開発を支援する『育成試験』と、複数の企業が連携した新製品開発を支援する『企業連携技術開発支援事業』を毎年行っています。本年度は2件の育成試験課題と3件の企業連携技術開発支援課題を実施しました。本年度課題の終了にあたり、委託企業による成果発表会をオンラインで開催いたします。


開催日時

 令和5年3月24日(金) 14時~16時20分


開催形態

 Zoom Webinarを用いたオンライン開催


参加費

 無料


内容

 14:00 開会挨拶・事業説明

 14:10 深層学習を⽤いた固有振動数解析による⾼精度のセラミックス探傷試験⽅法の確⽴

     (育成試験)合資会社マルワイ矢野製陶所

 14:40 ピックアップロボット⽤⾼精度認識システムの開発

     (育成試験)株式会社和ロボ

 15:10 休憩

 15:20 ⾼強度・⾼靭性で薄肉・軽量な建設⽤パネルの開発

     (企業連携)日本コンクリート株式会社

 15:40 店舗推薦システムを搭載したIoTパラソルの試作

     (企業連携)株式会社丸八テント商会

 16:00 後付けで安価なIoTスマートファクトリーの試作

     (企業連携)株式会社アイルソフト

 16:20 閉会


参加申込

 【参加申込フォーム】 からお申し込みください。

   下にあるポスターにより、メール(seika@astf.or.jp)、ファックス(0561-21-1651)でも可。


問合せ先

公益財団法人科学技術交流財団 業務部 担当:科学技術コーディネータ 田尻・山本

〒470-0356 豊田市八草町秋合1267番1 電話:0561-76-8325・8327

                  メール:seika@astf.or.jp

関連ページ


成果発表会ポスター

R5_3_24_合同成果発表会ポスタ
.pdf
Download PDF • 418KB



関連記事

すべて表示

令和5年度「産学協創チャレンジ研究開発推進事業」の実施課題が決まりました。

(ニーズ対応FS 型) 腹囲フィードバックベルトを基盤としたICT持続的健康支援ツールの研究開発 代表研究者 株式会社松本義肢製作所 企画事業部 部長 宮川 拓也 研究開発の要約 要支援の主な原因である変形性膝関節症(膝OA)は、中高齢者の罹患率が高く、膝OA予防は介護予防のまさに第一段階と考えられている。膝OAの悪化要因であるO脚方向への負荷を減少させる歩行様式として、お腹を凹ませて体幹深部筋を

Comments


bottom of page